今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

使用した4コマはその後2年以上封印! アニメ「サザエさん」制作の秘密が!

2011年9月14日 11時00分 ライター情報:近藤正高

『アニメ「サザエさん」公式大図鑑 サザエでございま~す!』扶桑社
スタッフやキャストの姿は一切出さず、キャラクターを全面に押し出したのが特色。懐かしのエピソードやトリビアを満載するとともに、クイズやぬりえ、すごろくなどの付録もついていて、大人から子供まで楽しめる内容になっている。

[拡大写真]

テレビ番組、とくに人気番組ほどその放送時間の記憶と強く結びついていたりする。「8時だョ!全員集合」や「オレたちひょうきん族」は土曜8時の、あしたは日曜日というワクワク感とともにぼくらの記憶に残っているし、反対に日曜6時半の「サザエさん」は、「あしたからまた学校(あるいは仕事)かあ……」といった憂鬱な気持ちとともにある。そうした心理を指す語として、そのものずばり「サザエさん症候群」という言葉があるほどだ。

それだけに、「サザエさん」のなくなった日曜6時半というのを想像できないという人は多いはずだ。逆にいえば、べつにその時間にあってもなくても関心がないという人が増えたとき、その番組は終わるのだろう。最近になって打ち切りの決まった、月曜8時の「水戸黄門」もおそらくそうだったのではないか。なお、ここまであげた「全員集合」も「水戸黄門」も、そして「サザエさん」も1969年に放送が始まっている。いずれも長寿番組となったが、そのなかでも「サザエさん」がいまだに終わっていないどころか、週間視聴率ベストテンに入り続けるほど人気を保っているのは驚異というしかない。

『アニメ「サザエさん」公式大図鑑 サザエでございま~す!』は、放映開始43年目にして初となるテレビアニメ版「サザエさん」の公式本だ。サザエさんをはじめ各キャラクターの紹介をはじめ、家の間取りといった詳細設定や思い出に残るエピソードなど、アニメ「サザエさん」に関するあらゆることがオールカラーで解説されている。なかには「サザエさん(秘)裏話」として意外な事実があれこれ明かされているページもあって面白い。たとえば、磯野家がいちど家を改装したことがあるなんて、あなたは知ってましたか? サザエ……いや、加藤みどりが思わず「なんということでしょう!」と驚嘆しそうなこのエピソードは、1997年にフジテレビが新宿・河田町からお台場に移転したのに合わせて放映されたもの。

また、オープニングで流れるサザエさんの旅は、もともとエンディングでサザエさんが京都を訪れたのが好評を博したのをきっかけに恒例化したのだとか。年代が明記されていないのが惜しいのだが、おそらく旧国鉄の「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンを呼び水として、若い女性たちのあいだで国内旅行ブームが巻き起こっていた1970年代前半のことだろう。ちなみにオープニングの終わりに登場する、果物のなかからサザエさんたちが登場するおなじみのアニメも、当初はサザエさんが訪れた土地の特産物が使われていたという。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品