今注目のアプリ、書籍をレビュー

これなら続けられる! 凹ませるだけ『腹だけ痩せる技術』

2012年6月5日 11時00分

ライター情報:米光一成

このエントリーをはてなブックマークに追加

『腹だけ痩せる技術』(植森美緒/メディアファクトリ―新書)“始めたその日に9.5cmも凹んだ男性も! 話題の「ドローイン」で体型がすぐに変わる”

『腹だけ痩せる技術』に出てくる腹を凹ませる方法は、すごい。
驚愕の秘技であった。
読みながら、実践していって、まだ2週間だが、すでに効果アリ。
そして、ここが最も感動的なんだけど、「これなら続けられる!」ってお気軽な方法なのである。

帯にこう書いてある。
“始めたその日に9.5cm凹んだ男性も!
話題の「ドローイン」で体型がすぐに変わる”


話題の「ドローイン」???
そういえば、『お腹を凹ませたい? だったら腹筋運動なんかやめちまえ!』のレビューの感想で、次のようなツイートがあった。
“やっぱドローインやろ!これでベルトの穴も一つ減らせる。”
ドローイン!? なにそれ?

と読み始めたら、な、なんと、か、かんたん過ぎる!
“おなかを凹ませるだけ”
ええええええええええええーーーーーーー!
そんなのインチキじゃない?
そりゃ凹むけど、一時的じゃない?
そんなのごまかしてるだけじゃない。
意識してずっと凹ませてなきゃいけないの?
そんなの、もうずっとおなかばっかり意識してるへんなおっさんになっちゃうよ!
というクレーム入れるぞ的な勢いになって続きを読む。

“最初は意識的に凹ませておなか周りの筋力を引き出すだけです。しかしそれを続けていると、わざと凹ませていないときでも凹んだ形になっていきます”
ほ、ほんとうだろうか?
“筋肉は使ったなりに形を変えていくのです。オリンピック選手は水泳、砲丸投げなど、種目ごとにとても特徴的な体型になっていますよね? これは特定の動作を繰り返すから。繰り返すことで筋肉は「形状記憶」するのです”。
いやいや、にわかには信じられない。筋肉が形状記憶するって、それ、オリンピック選手なみにハードにやらないとダメなんじゃない?

と思いつつも、「おなかを凹ませる」ってのは、超簡単。
信号待ちのときに、ちょっと凹ませてみよう、っつてやってみる。
仕事中、ふとしたタイミングで、ちょっと凹ませてみる。
風呂に入ったとき、凹ませてみる。
歯を磨くときに、凹ませてみる。
歩きながら、凹ませてみる。
本を読みながら、ちょっと凹ませてみたり。
どこでも、いつでも、気軽に、ひとめを気にすることなく、できる。
凹ませるだけの超簡単トレーニングなので、ついついやってしまった。
そう。トレーニングやらなきゃ!って感じじゃなくて、ついついやってしまう、って感覚になってくるのだ。

“ダイエットは「食事制限」「筋肉トレーニング」「有酸素運動(長時間行う全身運動)」が有効だといわれて”いる。

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

注目の商品