今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

筒井康隆最後の長篇か? 噂の「モナドの領域」最速レビュー

2015年9月8日 10時50分 ライター情報:千野帽子
筒井康隆「モナドの領域」を読んだ。
掲載誌《新潮》2015年10月号の表紙には、
〈(330枚一挙掲載)〉
〈最高傑作にして、おそらくは最後の長篇〉
と書いてある。
《新潮》2015年10月号。907円+税。

出だしはミステリ小説


「モナドの領域」は、警察の捜査シーンから始まる。
土手で女の片腕が発見された。第一発見者は近所の美大の演劇部で舞台美術を担当している学生。上代真一警部(50歳。美男子)と鑑識の堤(60代)が他の捜査員と現場を検証していると、近くの公園から片足が発見される。

場面は飛んで商店街のベイカリーカフェ「アート・ベーカリー」。休暇中のバイトに替わって臨時のヘルプで入った美大生・栗本健人は、肘から指先までの形をしたリアルな腕の形のバゲット生地のパンをなぜか焼いてしまうのだった。

アート・ベーカリーの常連で同じ大学の西洋美術史教授の結野(ゆいの)楯夫(67歳)が、それを気に入って買い上げる。腕パンは評判になるが、そのパンと河川敷で発見された女の腕との関係を示唆する匿名メールが警察に届く。

結野教授の「奇蹟」?


ある日アート・ベーカリーを訪れた結野教授のようすがおかしい。宙を見上げて、黒目がふらふらと泳いでいる。捜査でアート・ベーカリーを訪れた上代警部に、店主は告げる──姿を消した栗本健人も、腕パンを作り始めた日から同じような眼をしていたと。

このあと結野教授は、公園で出会う人々の前で、その「全知」を証明していくことになる。
初対面の人たちにいきなりフルネームで呼びかけ、その人たちが明らかにしていないさまざまなできごと(家族が63時間前に指輪をなくしたとか、持っているレジ袋のなかの買ってきたばかりのヨーグルトの賞味期限がきょうだとか、3週間と4日前に空き巣に入られたとか)を言い当てる。

そして言うのだ。〈このふらふらしておる眼だがね、これはわしの遍在に驚いてこの結野君のからだが反応しておるだけだ〉。
全知、そして遍在──つまり結野教授は、〈神〉に憑依されてしまったのか?

安易な依存心は「神」にも「世界」にも届かない


教授は言う──
〈神というのはお前さんたちが勝手に作って勝手に想像しているだけだからね。実際にはお前さんたちの想像している神とはだいぶ違うよ〉

教授(の体を動かしているもの)が神であるらしいと知った人々のなかには、勝手な思い入れを彼に投影しようとしてくる者たちもいる。
たとえばひとりの母親は、幼い息子を車椅子に乗せてやってきて、この子の足を治してやってくださいと頼む。

ライター情報

千野帽子

文筆家。著書『読まず嫌い。』(角川書店)『文藝ガーリッシュ』(河出書房新社)『俳句いきなり入門』(NHK出版新書)など。公開句会「東京マッハ」司会。

URL:Twitter:@chinoboshka

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品