今注目のアプリ、書籍をレビュー

10

Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する

2017年3月4日 10時00分 ライター情報:杉村啓
3月3日に、Nintendo Switchが発売された。WiiU以来5年ぶりの任天堂ゲーム機ということで注目度も高く、予約日や発売当日には開店前に行列ができていた店舗もあった。
Nintendo Switchと、Joy-Con Proと、Joy-conグリップ装着済。残念ながら充電グリップは手に入らなかった

実機を手に入れたので、最初に本体を触るにあたって注意した方がいい点を中心に紹介していく。

3通りの遊び方がある


箱を開封すると、側面に説明書きがある。これが、Nintendo Switchに付属するマニュアルの全てといってもいい。この説明の通りに接続をすれば本体が起動し、チュートリアルが始まる。
箱の側面には、とにかく充電して初回設定をしろと書いてある。実際、画面の指示に従えばすぐに遊べるようになる。なお、発売日当日に本体アップデートも出ている(5分ほどで終了した

充電用の端子はUSB-Cだ。ACアダプタの他に、USB-Cケーブル(一応公式にはJoy-Con Proや充電グリップ付属のUSBケーブルが推奨されている)でも充電できる。

コントローラーであるJoy-Conは、基本的には本体に接続した状態で充電する。充電グリップなどを持っていない限り、遊び終えたら本体に装着して充電をセットすることになるだろう。

Nintendo Switchは、3通りの遊び方がある。

ひとつは、本体にJoy-Conを装着し、持ち運びができる状態で遊ぶというもの。WiiUのゲームパッドで遊ぶような感覚と思うといいだろう。この状態の重さは約398g。WiiUゲームパッドよりも100g軽い。New3DSLLが約329gなので、New3DSLLより重く、WiiUゲームパッドよりも軽い。ついでにいうと、iPad Air2が437gなので、感触的には近いかもしれない。
Joy-Conを左右に装着し、持ち運びができる。ACアダプタだけでなく、ケーブルがあればモバイルバッテリーで充電も可能。

ふたつめは、本体を立てかけ、Joy-Conを外して遊ぶ方法だ。Joy-Conはそれぞればらばらに両手で持つこともできれば、付属のグリップに装着して、コントローラーのようにして遊ぶこともできる。
本体の裏側には支えがあり、机にたてかけられる。その場合は、Joy-Conを外し(できればストラップを装着し)て遊ぶ

みっつめは、ドックセットに装着。テレビに接続して遊ぶ方法だ。本体から外したJoy-Conを使う。このとき、Joy-Con Proなどの別コントローラーで遊ぶことももちろんできる。
ドックに本体を装着し、テレビで遊ぶ。ドックに入れたまま充電可能

ドックにはHDMI端子、充電用のUSB-C端子、USB端子(いわゆるよく見るTypeA)がついている。USB端子は、Joy-Con Proなどのケーブルを差し込み、遊びながらコントローラーを充電可能だ。
ドックにはACアダプタ(USB-C)、USB、HDMI端子が備わっている

いろいろと試してみた結果、本体にJoy-Conを接続した状態でドックに入れても、本体およびJoy-Conの両方に給電されることがわかった。Joy-Conを2セット(4個)持っていて充電グリップを持っていない場合や、Joy-Con Proを持っている場合には、1セット分を充電しながら遊ぶようにするといいだろう。

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

コメント 10

  • 匿名さん 通報

    任天堂関連の記事には何故か任天堂を貶すコメントが必ず付くね、不思議だなー

    36
  • 匿名さん 通報

    家でも外でも自分のスタイルでプレイ出来たり、簡単に対戦や協力プレイができたりとか、魅力なんていくらでもあるよ まぁどのハードも方向性が違うから簡単には比べられないし比べても意味がないけどね

    19
  • 匿名さん 通報

    別にソニーファンじゃないが、海外だけで売れれば良し。

    11
  • 匿名さん 通報

    ターゲット層が違うのかしれないけれど、PS4やX-BOXと対等に渡り合えるだけの魅力が有るのかな。 Nintendo Switchの魅力が今いちわからないんだ。

    9
  • 匿名さん 通報

    正直もう他に良い案ないからこんな感じにしました感を感じるな〜 任天堂もそろそろ終わりかな??

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品