今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

ネット・アニメ流行語大賞「にゃんぱすー」ってなんなんだ

2013年12月4日 11時00分 ライター情報:たまごまご
このエントリーをはてなブックマークに追加

「にゃんぱすー」流行り過ぎだろう……『のんのんびより』は田舎の女の子たちを描いたアニメ、なのですが、この中毒性は一体なんなのだろう?

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

流行語大賞にあわせて、「ネット流行語大賞」「アニメ流行語大賞」というのが裏でひっそり行われています。
『ネット流行語大賞 2013』『アニメ流行語大賞 2013』をそれぞれ発表! それぞれの今年の大賞は? ガジェット通信
アニメ部門一位はにゃんぱすーでした。

「駆逐してやる」はまあわかるよ。
でも「にゃんぱすー」は、元ネタ知らなくても知っていても、全く意味がわからない。
正直、元になっている『のんのんびより』をマンガで最初から追い続けている熱狂的ファンの僕でも「それなの?!」と驚きました。

まず意味を説明します。
「にゃんぱすー」とは、アニメ『のんのんびより』でれんげという一年生が作った挨拶。
『アラレちゃん』の「おはこんばんちわ」みたいに、いつでもつかえる造語です。
そして…………えっと、それだけです。

コミックスでは最初に出てきた以外、ほとんど出てきません。
だから、多分この結果に一番驚いているのは作者なんじゃないかなあ。
アニメスタッフがファンの人気を汲み取ったからなのか、アニメ本編で「にゃんぱすー」の回数増えています。

『のんのんびより』とは田舎で暮らす女の子たちの日常を描いた物語。
田舎の背景描写には目を見張るものがあります。
しかし、本質は、「田舎を描くための作品」ではありません。

『ゆゆ式』『きんいろモザイク』『ゆるゆり』のような、女の子が狭い空間でだべって、幸せな時間を過ごしているまったり感を味わう作品に限りなく近い。
一方『銀の匙』『南国トムソーヤ』『ばらかもん』のように、田舎を通じて、人間の成長を表現する作品と、根本的に違う。田舎であることから歪み苦しんだ『惡の華』とは対極です。
両者の一番の違いは「成長してどうなるかという未来像・現実味があるかないか」。
『のんのんびより』は、将来とか考えている空気全くないです。田舎の本当にきつい部分はスポイルされています。
彼女たちは、瞬間を楽しんでいるだけです。

「田舎」というキーワードを「部活」に変えてみるとわかります。
大きな教室=田舎で、キャラはほぼ女の子しかいない。
女の子を描くための舞台として「田舎」がちょうどよかった。

『のんのんびより』が、具体的な地域性を排除したことからもわかります。
住んでいる地域、矛盾だらけなのです。
新幹線で6時間かかる場所となると中国地方か東北か。雪も降るし猛暑もやってくる。北か南か分からない。
雪がふるのに瓦屋根だ。柿もみかんも稲も野菜も作るし牛もいる。
どこなんだここ。
作者は一巻で明らかにしています。

「この作品、舞台が田舎ということで自然物がけっこー出てきます。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品