朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第21週「1994-2001」

第100回〈3月23日(水)放送 作:藤本有紀、演出:橋爪紳一朗〉

『カムカムエヴリバディ』あれもこれもそれも恐怖の大王? ノストラダムスの大予言に怯えるひなた
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第101回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


上向きの大月家

第100回のド頭のナレーションが「悲しいことに時代劇は衰退していく一方です」という悲しさで、撮影所の黍之丞のポスターは剥がれかかっている。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜100回掲載中)

ひなた(川栄李奈)がしょんぼり帰宅すると、かつての英語の先生メアリー(ケイト・J)とすれ違う。メアリーはよくひなたを覚えていたなあ。わりと決まったことしかやらないタイプの先生のように思ったが、意外と誠実な人だったのか。

雪衣といいメアリーといい、喉元すぎれば熱さ忘れるではないが、心持ちひとつで人間関係は変わるものなのかもしれない。あの頃のひなたはやる気も自信もなかった。でもいまは違う。英語で時代劇を救おうと頑張って、自信をもって英語を話している。だからメアリーもちゃんと返してくれたのだろう。

時に1999年。錠一郎(オダギリジョー)トミー(早乙女太一)とともにアメリカに行くほどになっていた。着々である。るい(深津絵里)はマネージャーになり、ベリーショートにしておしゃれなコートを着て一緒にアメリカに向かう。こういう雰囲気のアート系の人いるいる。大月家、すっかり上向いている。

ミュージシャンとして復活しても、錠一郎は相変わらず朝ドラを観ている。98年度後期は『やんちゃくれ』。木暮さん(利重剛)という人物はヒロイン(小西美帆)が入った新聞社の先輩記者。木暮という名は『カムカム』の登場人物にもいる。大阪のジャズバー「Night and Day」のマスター(近藤芳正)だ。『おちょやん』では小暮(若葉竜也)がいた。朝ドラでわりとよく使われる名前「KOGURE」。

恐怖の大王

大月家は順調だが、ひなたの気がかりは1999年。彼女はノストラダムスの大予言を信じている。「だんご3兄弟」のヒットによって再び回転焼きの売上のピンチ。これが恐怖の大王か。ハリウッドから映画の視察が来ると聞いて、これが恐怖の大王か。すみれ(安達祐実)が離婚と聞いて……となにかと恐怖の大王に結びつける。これも喉元すぎれば熱さ忘れることのいい例で、あんなに騒いだにもかかわらず何もなく過ぎ去り、もうみんな忘れてしまっている。

当時、1999年に世界が滅びるという大予言にはそれなりに不安はあった。とはいえそれは若干、イベント的なものでもあったのだ。けっきょく7月には何もなかったが、バブル崩壊が恐怖の大王のようなもので、目に見えない終わりが着々と忍び寄り、21世紀に入るとそれまで浮かれて満ち足りていた日本経済はどんどん衰退していく。ノストラダムスが流行ったときは、豊か過ぎて退屈だった日本人が世紀末というなにか大きな刺激を待ち望んでいた。


この記事の画像

「『カムカムエヴリバディ』あれもこれもそれも恐怖の大王? ノストラダムスの大予言に怯えるひなた」の画像1 「『カムカムエヴリバディ』あれもこれもそれも恐怖の大王? ノストラダムスの大予言に怯えるひなた」の画像2