朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第21週「1994-2001」

第99回〈3月22日(火)放送 作:藤本有紀、演出:橋爪紳一朗〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第99回 音楽、英語、野球……大月家の人々それぞれの再出発
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第100回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


それぞれの再出発

岡山から帰ってきた大月家の人々はそれぞれの道を歩みだす。ラジオ英会話を聞くため早起きしたひなた(川栄李奈)は初めてるい(深津絵里)が小豆のおまじないを唱えながら炊いている姿を見る(ひなたがパジャマ代わりにしていた黍之丞Tシャツええなあ)。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜99回掲載中)

物心ついて24〜5年になると思うけれど、ここで初めて知るということはよっぽど朝が苦手なのだろう。でもふと疑問に思うのは、一時期、回転焼きに挑んだときに教えてもらわなかったのだろうか。そこにはるいの心情をいろいろ想像できる。家族には一緒に住んでいても知らないことがいろいろある。その知らなかったことをこれから埋めていくことも大月家の再出発のひとつであろう。

母娘が昔の話をしながら、るいは改めて母・安子(上白石萌音)の偉大さを噛み締め、ひなたはまったく知らなかった祖母の存在を「新情報」として驚きとともに得ていく。炊きたての小豆から立ち上る湯気のようなあたたかく優しい、親から子に伝えていく民話的な雰囲気が漂う。

優しいあたたかさががすべての疑問をなんとなく包み込んでいく。桃太郎(青木柚)がちょっと遅れて岡山から帰ってきて、お土産の雪衣(多岐川裕美)の梅干しをもらったるいがすごく懐かしそうに嬉しそうな声を出したとき、これまで少女時代、雪衣とは反りが合わなかったのではないかと思って観ていたが、そんなことはなくて、それなりにうまくやっていたようだと思い直した。

第98回で大人たちがるいを追い詰めたと勇(目黒祐樹)が反省していたが、亡くなった千吉(段田安則)がるいを雉真家に縛り付けようとしていただけだったように思うのだが……そんな疑問も小豆の湯気の中に溶けていく……。

錠一郎、ピアニストデビュー

錠一郎(オダギリジョー)トミー(早乙女太一)を大月家につれてきて、楽器を鍵盤に持ち替えて音楽に復帰すると宣言。その後、あっという間にトミーのバンドでデビューする。

錠一郎はそれだけ天才的な能力があったことと何年ブランクがあっても人ぞれぞれの歩幅で生きればいいのだという喜ばしく思う一方で、30年以上何もしないできた人物がまたたく間に返り咲くことは、虚無蔵(松重豊)の「日々鍛錬し、いつ来るともわからぬ機会に備えよ」の言葉からは乖離しているようにも感じる。

好意的に考えたら、錠一郎は音楽への思いをいっときも忘れていなかったということが彼にとっての「鍛錬」だったということか。それと、音楽は技術ばかりではないということなのだろうけれど。トミーとジョーが共鳴しあえば素敵な音楽になるってことなのだろう。

ここまでの間、錠一郎に何もさせてこなかった理由は、実は……!という驚きの展開を作りたかっただけだろう。2〜3時間の映画や演劇だったらこういうことが効果的だが、朝ドラのように長く、庶民の生活や人生をそれなりにリアリティーあるものに描くタイプのものだとやや不自然な印象は拭えない。正確に言えば、気になる人も少なくないだろうから、そういう人をも説得できるような冴えたアイデアを、ベテラン作家ゆえに期待したかった。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第99回 音楽、英語、野球……大月家の人々それぞれの再出発」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第99回 音楽、英語、野球……大月家の人々それぞれの再出発」の画像2