朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第14週「1965-1976」

第66回〈2月3日(木)放送 作:藤本有紀、演出:二見大輔〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第66回 モモケンに夢中のひなたに訪れた運命の出会い
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第67回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


つつましく暮らせればそれでいい

るい(深津絵里)が妊娠。ひなた(新津ちせ)はお姉ちゃんになるからもう甘えてはいられない。モモケン(尾上菊之助)のサイン会の参加費1500円を自分で稼ごうと空き瓶集めをはじめた。これをお金に換えるのだ。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜66回掲載中)

「偉いなあひなたは」と褒める錠一郎(オダギリジョー)。こんなときでも彼はまったく罪悪感を覚えている様子がない。なんて恵まれた環境であろうか。10年、何もしなくても罪悪感を覚えずにいられるなんて。そしてちゃんと生活できているなんて。うらやましい限り。るいの内助の功である。

だが、世の中はたいやきブームで回転焼きの売上が落ちてしまう。「およげ!たいやきくん」が大ヒットしていたからだった。「これや! これのせいや!」と涙目でテレビ(みんなのうた)を観るるいと、子門真人みたいな人物(アフロの田中/徳井優)が通りかかったところをジト目で見るるいの表情がいじらしい。

深津絵里は愛される表情のさじ加減が絶妙である。そして徳井優がまた田中シリーズで出ていること。子門真人過ぎて徳井優だと気づけなかった。コワモテからアフロの転身の幅が広すぎるよ。

だがここで深津絵里の存在の特別感と徳井優の面白さにばかり目を奪われていてはドラマの本質を見逃してしまう。ここで重要なのは、るいは「つつましく暮らせればそれでいい」と思っていることだ。橘家の血筋で腕があるから本格的な和菓子屋をはじめられないこともないものの、幼い頃、母・安子(上白石萌音)と過ごしたつつましい幸福が彼女の中にずっとある。るいはやっぱりお母さんが大好きで、大好き過ぎたからあんな悲劇を生んだのだなあ。

たいやきブームに負けず、つつましく商売した結果、お正月をなんとか迎えることができて、ひなたは空き瓶貯金とお年玉でモモケンのサイン会に行くことができた。お年玉もやっぱりるいが「お父さんから」と錠一郎に渡してもらっている。彼も彼で自分の稼ぎではないのに堂々と渡している。こういうことが家庭円満の秘訣なのである。

ひなた、モモケンに会う

1500円を持って(交通費とか食費とかプラスアルファだろう)、一恵(清水美怜)小夜子(竹野谷咲)と3人で映画村に出かけるひなた。一恵と小夜子は裕福な家庭の子なのでお年玉だけで1500円が手に入っている。格差があるが、そういうことが関係ない友人関係って素敵。一子(市川実日子)とるいもそう。

生・モモケンのショーに夢中になるひなた。ショーにも伴虚無蔵(松重豊)が参加していて、大げさにひなたの前に倒れ込みかかる。でもひなたは驚きはするが虚無蔵に何も感じていない。名優・松重豊なのに。ひなたのまなざしはモモケンにしか向いていない。

ひなたはモモケンに回転焼きをプレゼントする。

ひなた「侍になりたいです」
モモケン「志を失わなければ、きっとなれますよ」

モモケン、いい人だ。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第66回 モモケンに夢中のひなたに訪れた運命の出会い」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第66回 モモケンに夢中のひなたに訪れた運命の出会い」の画像2