朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第14週「1965-1976」

第65回〈2月2日(水)放送 作:藤本有紀、演出:二見大輔〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第65回 父親の尊厳を守るため、さりげなくジョーを立てるるいの麗しさ
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第66回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


ひなた、映画村へ

るい(深津絵里)、ジョー(オダギリジョー)、ひなた(新津ちせ)の親子は京都で慎ましく暮らしている。ジョーは働かず、るいが回転焼きで生計を立てているわりにはさほど経済状態が悪そうには見えないという疑問には、近隣の人たちがいろいろおすそ分けする場面が答えていると言っていいだろう。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜65回掲載中)

第64回でジョーが友達の大切さを語っていたが、まさにそうで、近隣の子供たちにるいが回転焼きをおやつに与え、ジョーが遊ぶ子供のお守りをする。そんなことだけでもみんなの役に立ち、近隣の主婦たちは感謝しておすそ分けを持ってきて家計の足しになる。昭和の時代はなんかこんな感じで関係性がうまいこと回っていたのだろう。

「立派にようやっとる。うち感心しとるんえ」と赤螺清子(松原智恵子)がるいを褒める。でもなんかるいは浮かない顔をしている。

その頃、ひなたとジョーは新しくオープンした条映映画村に遊びに来ていた。ここで注目したい点は、ジョーが出かける前に、るいが「ジョーさんこれ」とそっとお金らしきものを手渡していることだ。たしか前にもこういう場面があった。

この夫婦の麗しさは、明らかにジョーには稼ぎがないにもかかわらず、ジョーの尊厳を守るためるいがそっとお金を渡して(しかもむきだしでない上品さ)、ジョーはジョーでいかにも自分から出したふうにお金を使っていることだ。るいはジョーをとても立てている。麗しい。

ひとりお留守番したるいは店を一旦閉めてどこかに出かけていく。ものすごく意味深な表情のるい。これこそ「私の秘密」という感じである。

るいはひなたには厳しい。映画村で行われるモモケン(尾上菊之助)のサイン会の費用1500円を出してほしいとひなたにせがまれると、出せないときっぱり言う。なんだか悩みがありそうなるい。その理由は――。

るいはふたりめの子供を妊娠していた。決して裕福ではない中で第二子出産とは大月家も大変だ。とはいえ、もっと前の時代は貧乏でも子だくさんが普通であった。「よそはよそ、うちはうちや」って筆者が子どものとき、よく聞いた言葉だなとなつかしく思った。

ひなたはお姉ちゃんになるからしっかりしてほしいとるいは言い、ひなたもその気になる。ジョーはいいんか、ジョーは。

「僕も嬉しい。ひなたにきょうだいができて。家族が増えて」と喜ぶが、家計を心配して、よし僕もそろそろ働くぞとは言わない。でもジョーが働かないことをとがめずにあたたかく見守ることが、人としての懐の大きさなのであろう。ジョーが自分の意志で何かするときまでそっとしておくこと。『おかえりモネ』の宇田川さんのようなものなのだろう。

きっとジョーだって最初はなにかしようとしたがうまくできなくて、彼なりに落ち込んだりもしただろうが、るいは何もしなくていいと言ったに違いない。ジョーはジョーで子どもたちの野球を見守りながら手帖にそっと音符を書き込んでいた。彼なりに心の赴くものを探しているのだ、たぶん……。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第65回 父親の尊厳を守るため、さりげなくジョーを立てるるいの麗しさ」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第65回 父親の尊厳を守るため、さりげなくジョーを立てるるいの麗しさ」の画像2