朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第14週「1965-1976」

第63回〈1月31日(月)放送 作:藤本有紀、演出:二見大輔〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』ひなた(新津ちせ)10歳の夏・黙祷シーンに演出の二見氏が込めた想い
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第64回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


ひなた(新津ちせ)登場。るいとジョーの黙祷の表情にも注目

「新しいステージ、新たな魅力を届けて生きたいと思います」と語る堀之内礼二郎CP。“朝ドラ”こと連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)第14週、いよいよ3代目ヒロイン・ひなた(新津ちせ)が登場。まだ10歳の子役のターンだが、芸達者の新津によって、時代劇が大好きな生き生きと魅力的なひなたになっている。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜63回掲載中)

第63回はひなたの夏休み。夏の風物詩が出てくる中に甲子園の黙祷がある。そのときのるい(深津絵里)の表情が印象的。かなり長い間、正面アップで映っていた。この表情にはどんな意味がこもっているのか。演出した二見大輔さんに聞いた。

二見:第14週は本来であれば、ひなたの子役週の最初で、新しい世界を提示し説明するような役割ですが、『カムカム』の場合は、これまで紡いできたものがあります。それをひなたは知らないけれど、るいも、ジョーも、視聴者の皆さんも知っていますから、従来の朝ドラの子役週の作り方とはちょっと違う作り方をしたいと思いました。

その現れがるいの長い正面カットです。視聴者の方々にるいと一緒に過去を感じてほしいと考え、あまり説明的にはしないながら、長く使用しました。黙祷のサイレンはおよそ1分間続くのですが、撮影でも、1分まるまる流しました。本当は必要な分だけ撮影すればいいのですが、そこは大事にしたいと思って、ずっとスタジオでサイレンを流しました。


それもあって、るいだけでなくジョーもいろんな過去を思い出して、それが表情に現れたのではないかと思っています。過去を経験した上で、るいが母親としてどうなるか、ジョーが父親としてどうなるのか、視聴者の方々もるいたちと共に時を紡いでいただけたら嬉しいです。

るいとジョー(オダギリジョー)もすっかりいいお父さんとお母さんという印象。現場の待ち時間でも深津、オダギリ、新津の雰囲気がよく、「それをそのまま撮影したいくらい」と二見さん。家族を作ることを不安に思っていたるいが幸せな家庭を築いていることが視聴者としても嬉しい。

子どもの時代、テレビの時代

京都に来て、るいが妊娠、出産、そしてひなたはあっという間に10歳、小4に。時代は70年代で、ジョーはチューリップハットをかぶっている。オダギリジョーだからこそ着こなせるファッションという感じ。おしゃれだけれど、相変わらずこぼしている。10年経っても病の原因も治療法もわからないようだ。

ひなたは時代劇好きに育っている。その元になったのはジョーが観たモモケンの映画だが、二代目モモケン(尾上菊之助)が黍之丞を継いでいる。構えがちょっと違っていて、剽軽な2代目らしさが出ている気がする。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』ひなた(新津ちせ)10歳の夏・黙祷シーンに演出の二見氏が込めた想い」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』ひなた(新津ちせ)10歳の夏・黙祷シーンに演出の二見氏が込めた想い」の画像2