朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第21週「1994-2001」

第101回〈3月24日(木)放送 作:藤本有紀、演出:橋爪紳一朗〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』驚きの女神とは… 安子の気配が近づいてきているような予感しかない
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第102回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


黙っているときのすみれさんは天使

すみれ(安達祐実)破天荒将軍(徳重聡)の離婚と一恵(三浦透子)榊原(平埜生成)の長い恋は、ナレ離婚、ナレ婚で良かったのではないか。一恵と榊原の待たされ愛はかつてのひなた(川栄李奈)五十嵐(本郷奏多)と同じパターンなので余計にこの手のエピソードのおかわりは要らないと思ってしまうのだが、こういうワイドショーや女性週刊誌やネットニュース的なものも大事なのか……。それでも「理不尽将軍」や「黙っているときのすみれは天使」などのワードにはセンスが光った。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜101回掲載中)

第100回で、破天荒が結婚したら破天荒でなく、仕事が絶好調のときに仕事を辞めて家庭に入ってほしいと言うのは嫉妬にほかならないとすみれが榊原相手に愚痴っていた。そうそう、同業者同士で付き合ったり結婚したりすると、けっきょく仕事への対抗意識が働いてうまくいかないことは俳優に限ったことではない。すみれは棒演技エピなどもあったが、なんだかんだで演じるという仕事が好きらしい。

破天荒将軍と違って仕事に理解がありそうな榊原は、紆余曲折を経て一恵にプロポーズするのだが、「急須でお茶をいれてほしい」と言う。これでは彼もまた破天荒将軍と同じく女性に家庭に入ってほしいと思うタイプのように感じるのだが、これでいいのか。

でもいろいろあった末、榊原の言葉を聞いている一恵の表情はこれまでにないなんとも儚げな憂いある顔をしていた。一恵はお茶のお師匠さんの道より榊原の妻の道のほうが幸福に感じるタイプなのかもしれない。

女の顔になっている三浦透子の演技が凄い。余談だが、いま公演中の『ミュージカル「手紙」2022』に三浦がヒロイン役で出演している。とにかく澄んだ高音の歌が素晴らしかった。役はとても一途で、献身的であることと関西ことばとでどこか一恵と重なるものを感じた。

ひなたが聞き覚えのある言葉を

さて。そうこうしているうちに、るい(深津絵里)錠一郎(オダギリジョー)が帰国。錠一郎はもっと練習したいとレッスン場に行ってしまい、るいはトミー(早乙女太一)に送ってもらって帰宅する。

回転焼きを頬張るるいを見ながら「こわい顔してお菓子食べる人おらへんやろ」「怒ってても疲れてても悩んでても、自然に明るい顔になる」とか、「お父ちゃんの音楽に連れていってもらい」とか言うひなた。安子(上白石萌音)の言葉をリフレインしている。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』驚きの女神とは… 安子の気配が近づいてきているような予感しかない」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』驚きの女神とは… 安子の気配が近づいてきているような予感しかない」の画像2