朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第21週「1994-2001」

第102回〈3月25日(金)放送 作:藤本有紀、演出:橋爪紳一朗〉

『カムカムエヴリバディ』アニー・ヒラカワは安子なのか誰なのか、ひなたの恋の再燃はあるのかないのか
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第103回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


アニー・ヒラカワと五十嵐

ハリウッドの視察団のなかで一際目を引く人物がいた。アニー・ヒラカワ(森山良子)。日系アメリカ人らしい。ひなた(川栄李奈)は素敵な人だと注目する。キャスティングディレクターで、仕事的にも撮影所とは関連が深い。なにしろ彼女がキャスティングするのだから、撮影所から日本人俳優が映画に出られるかは彼女次第である。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜102回掲載中)

でもまあそれより、やっぱりこの人物、安子なのではないかというムードがぷんぷん。小柄でおしゃれが大好きそうなところ。アニーは、あんこ→安子 を連想するし、ヒラカワは平川唯一からとって付けたのではないか、とか。日本は初めてと言いながら、神棚やラジオ体操に反応すること。英語が「きっとあなたを思いもよらないところに連れて行ってくれますよ」とひなたに言うことなど。

『カムカム』を見てきた視聴者にはひとつひとつ引っかかることがてんこもりである。これほどサービスフラグを立てているのだから、安子か、それとももうひとつ、大どんでん返しがあるか。ふたつにひとつであろう。

これ以上は考えても仕方ないことなので来週を待つことにして。驚いたのは、アニー役が森山良子だったこと。クレジットを見なければ気づかなかった。堀之内礼二郎チーフプロデューサーはキャスティング理由をこう語る。

アニーは異邦人としてひなたの人生と時代劇に新しい風を吹かせる重要な人物。年齢は70前後でありながらも、視聴者の方々が初めて出会ったと感じられるような方に演じて頂きたいと考えていました。

森山さんは世界中でライブをされていて国際的なコミュニケーションの感覚も豊かですし、森山さんの歌われるジャズはどれも素晴らしいので、英語の発音もきっと大丈夫なんじゃないかと思いました。


キャスティングのご相談の際、聞けば、お父さまはジャズトランぺッターで、ルイ・アームストロングとも親交があり、来日したときは通訳もしていたそうで、これはご縁と感じました。森山さん自身もお父さまのご縁も含めてやってみたいと熱意をこめて快諾してくださったんです。



ジャズトランペッターのお父さん、森山良子、森山直太朗と森山家も3代続く音楽家ということで、これほど『カムカム』にふさわしい人物もいないであろう。だからアニーはキーマンであることには間違いないだろう。

『カムカム』の“持ってる”感は、ドラマの年代とその年の朝ドラがうまいことドラマの内容に合うようになっていることにもある。今回は京都映画村の話『オードリー』が出てきて、ひなたがヒロインに自分を重ねているという描写まで出てきた。これをやりたくて逆算していたのかもしれないが、『おしん』や『ぴあの』などもうまくハマっていた。


この記事の画像

「『カムカムエヴリバディ』アニー・ヒラカワは安子なのか誰なのか、ひなたの恋の再燃はあるのかないのか」の画像1 「『カムカムエヴリバディ』アニー・ヒラカワは安子なのか誰なのか、ひなたの恋の再燃はあるのかないのか」の画像2