今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

銀行つくろ 銀行出来へん 銀行出来た〜!「あさが来た」123話

2016年2月25日 09時50分 ライター情報:木俣冬
朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)2月24日(水)放送。第21週「夢見る人」第123話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:西谷真一
イラスト/小西りえこ

123話はこんな話


あさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)と千代(小芝風花)は病院で、はつ(宮崎あおい/崎の大は立)と惣兵衛(柄本佑)と藍之助(森下大地)は藍之助の部屋で、それぞれ親子水入らず、幸福な一晩を過ごすのだった。

やるな、惣兵衛


なぜかいきなり夫婦のりっしんべんに生きる生活を匂わすエピソードで、びっくりぽんの123話。

まず、惣兵衛がはつに思わず発情。でもはつは、藍之助がいるからと「あきまへん」とやんわり交わす。
けっこうな年齢になっているが、まだまだ惣兵衛は、りっしんべんに生きる欲が強いようだ。もっと子供ができてもおかしくないのかも。
「すまん」と素直に引く惣兵衛がかわいい。

一方、あさの病室。
新次郎は、りっしんべんに生きる欲を一切見せず、ベッドに並んで寝てるのは、あさと千代。
新婚時、新次郎に女として放っておかれていた話をする(自業自得なのに)あさ。初めての夜をやり直した日のことを思い出し、ふふふと、(千代いわく)気持ち悪い笑いを浮かべる。
それを寝たふりして聞いてる新次郎。こちらは、千代が生まれたのが奇跡なくらいなさばさば夫婦。千代が、お母ちゃんの娘は「白岡ギン子」「白岡タン子」だと言うのが言い得て妙。
「銀行つくろ 銀行出来へん 銀行出来た〜!」の言い方が最高。小芝風花、
なかなかの名優だ。

そして、もうひとりの名優は、ラサール石井。あれ、「あさが来た」終わって違う番組はじまっちゃった? 大河ドラマ? 「ちかえもん」? というくらい、ひとりだけ全くトーンの違う重い芝居で、あさを刺した萬谷の成れの果てを見せた。この人だって、時代の被害者なんだよなあ、と思わせる幕引きだった。
(木俣冬)

木俣冬の日刊「あさが来た」レビューまとめ読みはこちらから

ライター情報

木俣冬

著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』、ノベライズ『リッチマン、プアウーマン』『デート~恋とはどんなものかしら~』

URL:Twitter:@kamitonami

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品