今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「シン・ゴジラ」日本を巨災対をイデオロギーを釈由美子をエヴァを庵野を語らせろ

2016年8月15日 10時00分 ライター情報:むらたえりか
2016年7月29日に公開された映画『シン・ゴジラ』
総監督・脚本は庵野秀明、監督・特技監督は樋口真嗣。
誰かと語り合いたくて仕方ない! そんなもどかしさが高まってきた8月12日、とうとうトークイベント・米光一成×柴尾英令×伊藤聡 「緊急開催!『シン・ゴジラ』について存分に語りたい人が集う夜」が開かれた。
会場は、下北沢の本屋B&Bだ。

当「エキレビ!」で全日本人に『シン・ゴジラ』をオススメしたゲームデザイナー・米光一成
「水道橋博士のメルマ旬報」に酷評と絶賛両方のレビューを寄稿したゲームクリエイター・柴尾英令
cakesでの連載「およそ120分の祝祭」で庵野監督のプライドと社会性について論じた伊藤聡
会場は『シン・ゴジラ』ファンで満席になった。女性の1人客もちらほら。本当に、色んな人がゴジラを目撃した夏なんだなあ。
左/伊藤総 右/米光一成

ぶっちゃけ『シン・ゴジラ』どうだった?


米光 泣いた? ぼくは、ゴジラが火炎をバーッて吐いて、街をズゼロゴーンと破壊するシーンで泣いたんだけど。
柴尾 第2形態から第3形態になるあたりで、大きいものが街を壊していきながらも全く目的が分からないところが泣きポイント。蒲田上陸とかあの辺ね。
米光 早やッ。泣きポイント早やッ。
伊藤 私は災害映画が大好きなんです。隕石落ちてくるとか、自由の女神が倒れるとか、醍醐味ですよね。それが東京になると、ビル1棟、アパート1棟倒れる度に『ここに人が住んでるのに……』とリアルに悲しい。
米光 ぼくは、なんであのシーンで泣いたのか自分では理解できなくて。悲しいとかじゃないかもしれない。我々が3・11を経験しているからかなあ。
柴尾英令

伊藤 釈由美子の『ゴジラ×メカゴジラ』(2002年)は観ました? 今、シン・ゴジラはエヴァだとか言われてますけど、“釈ゴジ”がエヴァなんですよ!。
米光 エヴァっぽいの?
伊藤 っぽいんじゃない。エヴァなんです! ゴジラの骨を使って、新しいロボット型ゴジラ・機龍を作る。機龍は、夕日の中で電池が切れて止まっちゃう。ああ、これエヴァで見たなっていう(笑)。もう1回動かすために電気が要る。だから電力会社に言って日本中から借りるんだ、みたいな話になるんですよ。
柴尾 ヤシマ作戦だよね(笑)。庵野のネタを庵野なしで撮ったらこんなことになっちゃうんだ(笑)って気付きがある。
伊藤 そんな“釈ゴジ”、みなさん見てみてください。

『シン・ゴジラ』は何から自由になったのか?


「ジャニーズフリー EXILEフリー AKBフリー(前田敦子を除く)」
どーん!とスライドが映し出される。

ライター情報

むらたえりか

ライター/PR企画者。宮城県出身・女子校育ち。「アオシマ書店」で写真集レビューなどを執筆。ハロプロ、ヒーロー、ベガルタ仙台が好き。

URL:わたしとたのしいくらし

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品