今注目のアプリ、書籍をレビュー

アイマス7th「みんなといっしょに!」は何がすごいのかレポ

2012年6月26日 11時00分

ライター情報:たまごまご

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドルマスター7thライブ「みんなといっしょに!」は、横浜アリーナ満席のツーデイズ+50箇所のライブビューイングという大規模ライブに! ところでアイマスのライブってなんでこんなに長く続いて、しかもどんどん大きくなっているんだろう? 実際のライブってどんな様子なんだろう?

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

普通のロック系ライブと、アニメ・声優系ライブは決定的に違う。
大槻ケンヂはエッセイ集「心の折れたエンジェル」の中で、アニメ・声優ライブ全般に対してこう書いています。
「アニメ、アニソンの世界は今大変なことになっている。人気、集客力、ファンの方々の熱気がハンパないのだ」
「このMAX連続のノリは一体どうやって生まれたのだろうと不思議であった。思うにこれがガラパゴス現象なのだろう。ロック、その他の、古くからあって半ば予定調和してしまったコンサートにあまり行ったことのないオタの人々が、わからぬながらも自分らなりのノリ方を模索しているうちに独自にすぎる様式が生み出されていったのではないか」
まったくもってそうなのです。アニメ・声優系ライブは、他のロック系ともアイドル系とも違う独自の強烈なパワーであふれています。
それぞれ熱量のベクトルが違うのが面白いんですよ。

さて、6月23・24日のツーデイズ、横浜アリーナでライブ「THE IDOLM@STER 7th Anniversary 765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!」が開催されました。
アイマスライブといえば、様々なアニメ・ゲーム系ライブの中でもかなりパワーあるファンに支えられているライブの一つ。まさにMAX連続のノリです。
もっともツーデイズ満員どころか立ち見も満員、全国50箇所でライブビューイングもしているって時点でどえらいことなんですが、人数だけがすごいわけではありません。
ここで、今回のアイマスライブの何がすごいのかをちょっと書いてみようと思います。

あ、セットリストとか新情報とかは今回書きませんので、知りたい方はこういうサイトでチェックするのがいいと思います! 取材費なんて出てませんもちろん自費ツーデイズだよ!
THE IDOLM@STER 7th ANNIVERSARY 0624リポート - ファミ通.com

1・見に来ているのは「プロデューサー」
アイマスライブを見に来ているのはファンではありません、プロデューサーです。
といきなり書いてもなんのこっちゃですね。これはアイマス独自の文化だと思います。
ライブ自体は当然、声優さんを、演じるキャラを見にライブに行くものです。
しかし「アイドルマスター」シリーズのゲームは、自分がプロデューサーになってアイドルを育てていく、という構造です。
ですから、ライブでは「プロデューサー」「プロデュンヌ(女性プロデューサーのこと)」が、自分の育てたアイドルを見に行く、という体裁を徹底して保っています。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

注目の商品