0

Mrs. GREEN APPLE、Rec中アンサンブルという言葉で音やイメージを共有/インタビュー2

2018年4月17日 21時00分
 

■Mrs. GREEN APPLE/3rd Album『ENSEMBLE』インタビュー(2/3)

――インタビュー1より

今回は特に作り終えた感がスッキリしてます

──演奏するうえで特に印象に残っている曲というと、どうですか。

藤澤:これまではシンセやオルガンをいろいろ弾いてきたんですけど、今回はほぼほぼグランドピアノで。どの楽曲も振り幅があるし表現しているものも違ったので、技量的なことを含めて大変な部分も正直あったんですね。でもそういうことが全部詰まっているのが「PARTY」で。すごくクラシカルになったと思えば力強く弾いたり、また緩やかな流れになったり。とにかくセクションごとのカラーや表現しているものが全然違ったり、それこそ世界観自体が違ったりするので、弾きながら改めてすごい楽曲だなと思いました。

大森:Aメロ、Bメロで曲が全然違って、それこそ楽器自体も、Aメロ録ったらセットを崩して、もう一回違う楽器でセットを組み直してBメロから録るみたいな。そういうやり方をしていたので、1曲っていう概念がちょっとよくわからなくなりました(笑)。

──そういうとき、テンションはどうなんですか。

大森:全然変わっちゃっていいです。それに関係する話なのかわからないですけど、僕らレコーディング前に歌詞の読み合わせをするんですよね。

──歌詞の読み合わせ?

大森:僕が歌詞でけっこう抽象的な言い方をするので。どういう受け取り方をするのか知りたくて。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!