0

PENICILLIN千聖&ZIGGY森重樹一 初対談 「みんなが楽しめるのがロックンロール」<後編>

2018年7月26日 16時00分
 
撮影/コザイリサ

――【PENICILLIN千聖 & ZIGGY森重樹一】スペシャル対談前編より

「アイツらは、あれのマネじゃん」と得意げに言うヤツもいたけど、バッカじゃねえのと(笑)。
だって俺はそういうふうに思ってもらいたいからやってるんだよって(森重)



自分のバックボーンに対して嘘をつかないっていう。嘘ついて音楽やバンドやってたら、辛くなっちゃっていたと思う(千聖)



――PENICILLINは、いわゆるヴィジュアル系と呼ばれるシーンの中から出てきたでしょ。なんか窮屈だなって感じもあったんですか?

千聖:ヴィジュアル系とか、そのへんの呼び方は当時のメディアにお任せで、そもそも、始めた頃はまだハッキリV系という言葉はなかったですね(笑)。本人たちはそのへんは無頓着。こういう感じの音をやりたいってのがまずあったんです。ダークネスな暗い感じで、日本人の好きなしっとり感というか。

森重:分かる、情緒感だね。

千聖:そうです。個人的にはLAっぽいカラッとした感じが好きなんだけど、そっち側じゃない自分の方向を出そうと思ったんですよ。例えばモトリー・クルーが流行れば、逆のスタイルのニルヴァーナが出てくるみたいな(笑)。過去を否定するようななにかが出てくるじゃないですか。

森重:アンチテーゼとして出てくるからね。

千聖:僕はそういう時代の狭間にいたと思うんですね。結成当時はメタリックなギタースタイルがだいぶいなくなってて...それはそれでかっこいいスタイルだと思います。でも自分はメタリックなギタースタイルが好きで、どんどん突き進んでいったんですよ。周りの人たちの中にはギターがなんか違うとか言われたこともたまにあったんですけど(笑)。でも自分のやりたいギタースタイルはメタリックなものだったし、これと混ぜたらおもしろくなるなとか、自分なりの合わせた形を具現化していったんです。

「PENICILLIN千聖&ZIGGY森重樹一 初対談 「みんなが楽しめるのがロックンロール」<後編>」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!