1

BUCK-TICK 『No.0』ツアー完結 ツアーを経てアルバムが到達したのは、極上のカタルシス

2018年7月28日 10時00分

撮影/田中聖太郎写真事務所

[その他の写真を見る]

※すべての画像を見る<計8点>※

BUCK-TICKが今年3月にリリースしたアルバム『No.0』を携えた全国ツアー『BUCK-TICK 2018 TOUR No.0』の追加公演、事実上のツアーファイナル公演を7月26日(金)、東京・国際フォーラム ホールAで開催した。

誕生と終焉、創造と破壊、愛と死を描いた『No.0』が、このツアーを経て到達したのは、極上のカタルシスだった。メンバー自身が制作段階から“映像的”だと評していた『No.0』の世界を、スチームパンクをテーマにしたステージセットの中、重厚かつシリアスなメンバーのパフォーマンスと、それをよりドラマティックに演出する映像とライティングとで、雄弁に物語っていた。

そして、そこで綴られた別離の哀しみも、日常の不条理も、争いの悲劇も、すべてを浄化するエンディングへと導かれ、思わず涙した人も多かったはずだ。その感覚は、このツアーを体感した者にしか分からないものかもしれないが、このレポートを通して少しでも感じてもらいたい。デビュー31年目に突入するBUCK-TICKが、この史上最高のツアーを経て、前人未到のステージへとまた一歩、歩を進めたということを。

SEと共にスクリーンに映し出されたのは、一つずつ組み上がっていく金属のパーツ。“創造”を感じさせる映像の後、ステージ上の4つの白い紗幕にメンバーのシルエットが浮かんでは消滅する。そしてシルエットのままスタートする「零式13型「愛」」。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「BUCK-TICK 『No.0』ツアー完結 ツアーを経てアルバムが到達したのは、極上のカタルシス」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    派手に取り上げられないけど、ツアーや武道館公演してファンも大勢入ってるし。なぜ、こんなに長続きするんだ? 日本で一番すごいバンドは、X-japanなんかじゃなくて、BUCK-TICKなんじゃないのか。

    7
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!