今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

資産家の娘と結婚、土下座…ノーベル賞受賞者たちはいかに研究資金を獲得してきたか

2016年10月6日 10時00分 ライター情報:近藤正高
今年のノーベル賞の自然科学系3分野(生理学・医学賞、物理学賞、化学賞)の受賞者が出そろった。まず発表されたノーベル生理学・医学賞に、東京工業大学の大隅良典栄誉教授(1945年生)が選ばれたことはすでに周知の通りである。

今回の受賞決定に際しては、3年連続で日本人ノーベル賞が出たことが大きく報じられる一方で、大隅が記者会見で「いま、科学が役に立つというのが数年後に企業化できることと同義になっているのは問題。役に立つという言葉がとっても社会をだめにしている。実際、役に立つのは十年後、百年後かもしれない」と発言したことがクローズアップされた。これは応用研究とくらべて、基礎科学研究には予算がつきにくい現状を訴えるものであった。
五島綾子『ブレークスルーの科学――白川英樹博士の場合』(日経BP社、2007年)。日本にもブレークスルー(革新的・独創的)の科学研究のシーズ(種)が生まれているのにもかかわらず、育てられていないのではないかとの問いから、白川英樹の足跡をたどりながらその答えを探求したもの。論文捏造などについても言及されている

不況の長期化にともない国の財政状況が厳しくなり、研究費獲得競争も熾烈になるなかで、「役に立たない研究こそ役に立つ」と声をあげられるのはもはやノーベル賞受賞者しかいないとの見方すらある(五島綾子『ブレークスルーの科学――白川英樹博士の場合』日経BP社)。実際、今回の大隅と同様の発言は、これまでにも歴代の日本人受賞者から出ていた。2000年のノーベル化学賞を受賞した白川英樹(1936年生)は、基礎研究だけでなく応用研究もじつは世間には十分理解されてはいないとしたうえで、次のように意見を述べている。

《基礎科学に関する世論の支持をもっと科学者自身が取りつけなければならない。そうしなければ、そのために税金を出していないといわれかねない時代である。学術の大切さを世の中に訴えていくのは科学者の役割である。今まで科学者にその意識が欠けていた。日本学術会議も相当活躍しだしたが、役に立たない研究を支える世論の形成をどのようにやっていくかについては、ジャーナリストも協力して考えてほしいと思う》(五島、前掲書)

欧米はじめ他国とくらべても日本の大学の科学研究費は著しく低いと指摘される。ここ数年、ノーベル賞では日本人の受賞があいついでいるとはいえ、受賞対象となった大半は数十年前の研究であり、現状がこのまま続けば将来的に日本からノーベル賞受賞者は出てこなくなるのではないか、といった悲観論まで出ている。

ただし、近年の受賞者の数をもって、昔は研究費がふんだんに国から出ていたというのも間違いである。ノーベル賞を受賞した学者たちにも、資金繰りに苦心したというエピソードは少なくない。この記事では彼らその壁をいかに乗り越えたか、歴史をさかのぼって見てみよう。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

「資産家の娘と結婚、土下座…ノーベル賞受賞者たちはいかに研究資金を獲得してきたか」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!