ページトップに戻る
  1. キャッシング比較トップ
  2. 記事一覧
  3. 会社でお金を借りる従業員貸付制度とは? 他の代替案も紹介

会社でお金を借りる従業員貸付制度とは? 他の代替案も紹介

本コンテンツには広告を含む場合があり、記事内には企業のホームページへの広告リンクを一部掲載しています。これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。
>提携企業一覧
この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。

この記事の目次

  1. 会社からお金を借りる従業員貸付制度とは
  2. 従業員貸付制度の利用条件とは
  3. 会社からお金を借りるときの3ステップ
  4. 従業員貸付制度のメリット3選
  5. 従業員貸付制度のデメリット7選
  6. 会社以外からお金を借りられる方法
  7. サービス内容が充実しているカードローン6選 
  8. 従業員貸付制度に関するよくある質問
  9. まとめ
image

お金に困ったときに、「会社でお金は借りられないのか?」と思う人もいるでしょう。

治療費や医療費、教育費など、人生にはお金が必要になる場面がたくさんあります。そんなとき、会社からお金を借りることができたら、助かりますよね。

この記事では、会社からお金を借りる方法として「従業員貸付制度」について詳しく解説します。また、従業員貸付制度が利用できない場合の代替案も紹介するので、そちらも参考にしてみてください。

会社からお金を借りる従業員貸付制度とは

image

従業員貸付制度とは、会社が従業員に対して低金利でお金を貸し付ける制度です。従業員が何らかの原因でお金が必要になったときに、会社からお金を借りられるようにするためのもので、福利厚生の一環として導入されています。

ここでは会社からお金を借りる従業員貸付制度の詳細ついて解説します。

従業員貸付制度の概要

  • 従業員貸付制度と給与前払いの違い
  • 勤続年収や収入によって利用限度額が変わる
  • 借りたお金の使用目的が限定される
  • 返済方法は給与天引きか口座振替がある

従業員貸付制度と給与前払いの違い

給与前払い制度と従業員貸付制度は、どちらも会社から直接お金を借りる形では共通していますが、根本的な違いがあります。

給与前払いとは、名前の通り次回の給料日に支給される給与の一部を前もって受け取れます。これは、実際の労働によって得られる報酬を通常の給料日を待たずにもらえる制度ですが、次回の給料日に前払い分が差し引かれる仕組みとなっています。

従業員貸付制度は会社の利益の一部を資金源としており、返済義務が伴います。この制度は、返済計画に基づいておこわれるため、給与前払いと違い、次月の給与受取額に直接影響はしません。

勤続年収や収入によって利用限度額が変わる

従業員貸付制度では、借りられる金額が会社ごとに異なります。

一部の会社では、給与の3カ月分や退職金の3倍といった基準に基づいて限度額を定めており、大手企業の場合はその上限がさらに高く設定されていることが一般的です。中には、最高で1000万円まで融資可能な場合もあります。

もし貸金業者から融資を受ける場合は総量規制という決まりがありますが、従業員貸付制度は勤務先からお金を貸す制度ですので、総量規制の適用外です。 

image

そのため、自身の年収とは無関係に、必要な資金を借りられる可能性が高いといえます。

借りたお金の使用目的が限定される

従業員貸付制度は、家族の結婚や葬儀など、病気や怪我の治療費、自然災害による住宅修理費用など、緊急かつ特別な事情が対象です。

自己啓発やキャリアアップのための資格取得費用については、会社の判断により柔軟に対応される場合もあります。

しかし、日常の生活費や趣味・娯楽のための支出、さらにはギャンブルや投資などの目的での利用は認められていません。生活費目的で利用しようとすると、自己管理ができていないとみなされ、会社からの信頼を失う可能性があります。

返済方法は給与天引きか口座振替

会社からの従業員貸付制度を利用した場合は、返済義務が伴います。会社は社員への福利厚生の一環として資金を貸し出しますが、借りたお金は定期的に返済する必要があります。

一般的な返済方法は、従業員の給与から毎月一定額を差し引く方法であるため、従業員は返済を忘れる心配はありません。

また、一部の会社では、従業員の銀行口座から直接、毎月定期的に金額を引き落とす方法を導入しています。これらの返済額は、従業員の生活に大きな負担をかけないよう設定されています。

従業員貸付制度の利用条件とは

従業員貸付制度の利用条件は、会社の方針によって異なりますが、一般的には正社員や一定期間以上の勤務歴、良好な勤務態度などが必要とされています。

ここでは従業員貸付制度の利用条件の詳細ついて解説します。

image

基本的に正社員が対象となる

従業員貸付制度は、主に安定した雇用形態の正社員を対象にしています。その理由は、正社員が長期間にわたって安定した収入を得ているとみなされるためです。契約社員も条件次第でこの制度を受けられる可能性がありますが、パートやアルバイトは難しいでしょう

アルバイトやパートは短期間の勤務が前提とされており、早期に職を離れる可能性があるため、融資のリスクが高いと判断されるからです。

しかし、社長と直接話ができる小規模な会社や個人経営の場所では、例外的にパートやアルバイトでも融資を受けられる可能性があります。

希望額が限度額内である

従業員向け貸付制度では、貸し出しの上限額が一律に定められているわけではありません。実際には、その会社の売上高や規模、従業員の勤務年数によって、借入可能な金額が変動します。

たとえば、下記の画像の例のように、勤続年数1年未満では最大10万円、5年で50万円、10年で100万円といった制限が設けられていることが一般的です。また、給料の数カ月分や年収の一定割合までという条件で借入が許可される場合もあります。

image

使用用途が明確に決まっている

融資を受ける際、用途の申告が承認基準を満たさないと融資を受けられません。基本的に融資は、医療費や葬式費用のように、予防不可能な事態に対応するための資金が対象です。

娯楽や趣味にかかわる支出は、適切な用途とは見なされず、そのような理由での貸し付けは認められません。

しかし、会社によっては自動車ローンや住宅ローンのための融資を許可する場合もあり、何が認められるかは会社ごとに異なります。申込の際に事前に担当者に確認することが大切です。

会社からお金を借りるときの3ステップ

会社からお金を借りる際のステップは、上司の許可を得てから経理担当に申し出、必要書類を提出し、審査を受け、最後に口座へ振込がおこなわれます。

ここでは会社からお金を借りるときのステップについて解説します。

従業員貸付制度を使うまでのステップ

  • 直属の上司に相談する
  • 提出が必要な書類と印鑑を用意する
  • 審査が通り次第、金銭貸借契約書を提出する

①直属の上司に相談する

従業員貸付制度を利用する際、最初におこなうべきことは、上司への相談です。プライベートな金銭問題を勤務先で話すのは心配かもしれませんが、直属の上司の承認が必要なケースがあります。

承認を得たら、申請書類を入手するために総務部または経理部へ向かいます。そこで、従業員貸付制度の詳細や提出が必要な書類について説明を受け、書類の漏れや誤りがないかを、部門の担当者と一緒にチェックするのが一般的な流れになります。

ただ、企業によっては上司ではなく、直接総務や経理に相談しても問題ないケースもあります。申込のルールは企業によって違うので、予め確認をしておきましょう。

②提出が必要な書類と印鑑を用意する

従業員貸付制度は申請書類と印鑑が基本的に必要です。企業によっては追加の資料が求められることがあります。

そのため、必要な資料を事前に確認したうえで準備しておくことが重要です。特に、借入の目的を証明するための領収書や見積書は、審査の際にプラスに作用することがあります。

たとえば、自然災害で家の修理が必要になった場合、被害の状況を示す写真や修理費用の見積もりを用意しておくことが大事です。これらの準備は、審査過程をスムーズに進め、必要な資金を迅速に確保するために役立ちます。

従業員貸付制度に申込する際に必要なもの

  • 印鑑
  • 貸付金申請書
  • 必要な書類(領収書もしくは見積書など)

③審査が通り次第金銭貸借契約書を提出する

従業員貸付制度を利用する際、多くの会社は内部審査通過後に、金銭貸借契約書の提出が必要です。

金銭貸借契約は、従業員と会社間の金銭の貸し借りを正式に記録するもので、貸与日、金額、双方の詳細な情報を含め、取引の条件を具体的に定め、法的な証拠としての役割も担っています。。

ただし、全ての会社が同一の契約書フォーマットを使用しているわけではなく、契約書が不要な場合もありますので、自分の勤務先の規定を確認することが重要です。

金銭貸借契約書の記入内容

  • 借入金額
  • 作成日
  • 返済方法
  • 返済期日
  • 借入側の名前、住所、印鑑
  • 融資側の名前

従業員貸付制度のメリット3選

従業員貸付制度の主なメリットとしては、低金利で借入が可能であること、金融機関より審査に通りやすいこと、信用情報に登録されないなどが挙げられます。

ここでは従業員貸付制度のメリットを3つにわけて紹介していきます。

従業員貸付制度のメリット3選

  • 一般的な金融機関と比較して柔軟な審査基準
  • 信用情報は審査に影響しない
  • 低い金利設定で利息負担を軽減

一般的な金融機関と比較して柔軟な審査基準

image

従業員貸付制度では、申請者が社内ですでに従業員として認知されているため、提出が求められる書類の数は最小限に留められます。

審査では、申請者の職務に対する姿勢や人間性が重視され、勤勉であることや会社への貢献度が高いと評価されれば、融資の承認を受けやすいです。つまり、日々の仕事に対する責任感や誠実さが、融資の審査を通過しやすい傾向にあります。

信用情報は審査に影響しない

従業員貸付制度は、信用情報のチェックを必要とせず、社内の責任者が直接融資の決定を下します。これは、従業員貸付制度が貸金業法の適用範囲外であるからです。

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申込に関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報のことを指します。

そのため、過去に金融機関で支払い問題があった人でも、従業員貸付制度を通じて融資を受けられる可能性があります。この制度は信用情報にも影響しないため、信用情報に履歴が登録されることはなく、従業員のプライバシーを守りつつ融資を可能にします。

低い金利設定で利息負担を軽減

従業員貸付制度の金利は、金融機関のローンに比べて低く抑えられています。低金利の理由は、金融機関のような利益追求ではなく、社員を助ける制度だからです。

項目 金利
従業員貸付制度 年2.0〜4.0%
銀行カードローン 年1.5〜14.0%
消費者金融 年3.0〜18.0%

なぜ「なぜ無利息で貸し出さないのか」という疑問を抱くかもしれませんが、税法上の理由が関係しています。

会社が社員に対して無利息で資金を貸し出すと、その取引が贈与とみなされ、贈与税が課税される可能性があります。会社は税法上の問題を避けるために、最低限の金利を設定して貸し出ししています。

贈与税とは

  • 個人から贈与により財産を取得したときにかかる税金

従業員貸付制度のデメリット7選

従業員貸付制度にはメリットもありますが、一方でデメリットが多いのも実情です。デメリットを把握せず、利用すると後々後悔する可能性もあるので、事前に確認しておきましょう。

ここでは従業員貸付制度のデメリット7つ紹介します。

従業員貸付制度のデメリット7選

  • 生活費や趣味には使えない
  • 申請から実際の融資までに時間がかかる
  • 従業員貸付制度はすべての会社にあるわけではない
  • 利用するためには連帯保証人が必要になる場合も
  • 借入を周囲の人に知られる可能性が高い
  • 返済不能になると会社から信用を失う
  • 退職する場合は一括返済になる

生活費や趣味には使えない

従業員貸付制度を利用して会社から資金を借りる際には、その資金の使い道が厳しく制限されています。具体的には、借りた資金をギャンブルや日常の生活費に充てることは禁止されています。

この背景には、ギャンブルや生活資金の借入が従業員の生活を困窮させ、借金が常態化するリスクを防ぐ意図があります。

もし、嘘をついて従業員貸付制度を利用してお金を借りたことが会社に知られた際には、会社の信用を失うだけでなく、厳しい処分を受ける可能性があります。

申請から実際の融資までに時間がかかる

image

従業員貸付制度を通じて資金を借りるまでは、一定の時間がかかります。通常、融資が完了するまでには約2〜3週間程度要するのが一般的です。

時間がかかる理由は、融資の申請が総務や経理など、複数の部署を通過し、それぞれの部署からの承認を得る必要があるためです。

特に大企業では、時間がかかる傾向にあり、場合によっては1カ月を超える待ち時間が発生することもあります。そのため、短期間での資金調達が必要な場合は、従業員貸付制度以外の方法を検討するのが賢明です。

従業員貸付制度はすべての会社にあるわけではない

自社の従業員貸付制度の詳細を把握するには、まず勤務先の就業規則や社内の福利厚生に関する規定を確認することが重要です。ほとんどの場合、これらの文書には、社員が利用できる福利厚生の種類や条件が詳細に記載されています。

詳しい情報や利用可能な制度については、総務部や経理部など、適切な担当者に直接問い合わせましょう。ただし、従業員貸付制度は全ての会社にあるわけではなく、特に資金力の限られる中小企業では、このような制度を導入していない場合も少なくありません。

image

利用するためには連帯保証人が必要になる場合も

従業員貸付制度を利用する際、連帯保証人を求められる会社もあります。これは、従業員が返済に困ったときに備える安全策です。会社は従業員の急な経済的困窮を支援したいと考えていますが、同時に返済のリスクも考慮している背景があります。

親族や友人を連帯保証人として立てることが一般的ですが、この過程でお金を借りる事実が親族や友人に知られるリスクも伴います。もし連帯保証人が見つからない場合、従業員貸付制度の利用が難しくなるため、連帯保証人不要の別の資金調達方法が必要です。

借入を周囲の人に知られる可能性が高い

従業員貸付制度は、会社の福利厚生であり、手続きは主に総務部や経理部を通じておこなわれます。

融資を申請する際には、まず直属の上司に話をし、次いで関連する部署や責任者にも連絡しなければならないため、組織内で完全に秘密にすることは難しいです。

この福利厚生は、利用者にとって金利が低く、用途が広いというメリットがありますが、申込が社内で知られてしまうリスクも考える必要があります。

返済不能になると会社から信用を失う

従業員貸付制度では、返済方法に給与天引きと銀行口座自動振替の2つの手段があります。

給与天引きの場合、返済忘れの心配がなく、スムーズに返済が進むため安心です。しかし、銀行振替を選ぶ場合は、口座残高を常にチェックし、返済額を確実に用意しておく必要があります。

返済の滞納は社内での信用なくしたり、出世への影響を招く可能性があるため、自己管理がしっかりできる方法を選ぶことが重要です。

返済方法を選ぶ際には、自分のライフスタイルや状況に合わせて慎重に決め、どの方法を選択するにせよ、責任を持って返済計画を立てて会社内での信頼関係を守ることが大切です。

退職する場合は一括返済になる

従業員貸付制度を利用して資金を借りる際は、退職時に返済計画に注意が必要です。

この制度は現役社員を支援する目的で設けられており、退職と同時に利用資格を失います。その結果、退職前に貸し出された金額の全額返済が必要になることがあります。

特に、近い将来に退職を検討している場合、返済プランをしっかり立て、借入金額を最小限に抑えることが賢明です。

会社以外からお金を借りられる方法

会社以外からお金を借りる方法には、カードローン、フリーローン、キャッシング付帯クレジットカードなど、さまざまな方法があります。

自分の返済能力や借入の目的を明確にし、信頼できる金融機関を利用することが重要です。また、借入をする際には、必ず金利や返済条件を確認し、計画的に利用することを意識してください。

ここでは会社以外からお金を借りられる方法について解説します。

カードローン

image

カードローンはその利便性の高さから多くの人に選ばれています。カードローンの魅力は、使用目的に制限がなく、必要なときにすぐに現金を手に入れられることです。

ATMを通じて手軽に現金を引き出せるため、急な出費にも柔軟に対応できます。

ただし、その自由度の高さと引き換えに、一般的な目的ローンよりも金利が高めに設定されていることが多いです。

金利の高さに懸念を感じる人も少なくありませんが、予期せぬ緊急事態に直面した時、迅速に資金を調達できるカードローンは、場合によっては大きな助けとなります。

フリーローン

フリーローンは、短期間での資金繰りや急な出費に適しており、メリットは、その柔軟性です。利用者は基本的に借りたお金を自由に使えるため、娯楽に使うことも可能です

さらに、担保や保証人なしで利用しやすさも、フリーローンの大きな魅力です。しかし、フリーローンでは、専用ローン(例:自動車ローンや教育ローン)に比べて金利が若干高くなる傾向にあります。

しかし、カードローンとは違って、繰り返し何度も借入ができない点にも注意が必要です。追加の融資が必要になったら、再度申込する必要がでてきます。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング機能は、急な出費に対応する便利な方法です。この機能があるクレジットカードを持っていれば、追加の申込手続きなしで、必要な資金を手に入れることが可能です。

一部のカードでは、利用枠の増額も検討できるため、より大きな金額を一時的に借りられます。

しかし、すでにクレジットカードで大きな買い物をしてショッピング枠が埋まっている場合、キャッシングの利用可能額が制限されることがあります。そのため、どれだけの金額をキャッシングできるかを前もって把握しておくことが大切です。

また、クレジットカードでのキャッシングは、法律で定められた借入総額の規制、いわゆる総量規制の対象となるため、利用時には個人の借入状況や法的条件をきちんと理解しておく必要があります。

村上敬

ファイナンシャルプランナー|村上敬

使用用途が基本的に自由なのが魅力

ここで紹介した、「カードローン」「フリーローン」「クレジットカード」で借りたお金の使い道は基本的に自由であるため、娯楽に使うことも可能です。しかし、ギャンブルや事業目的で使うことを禁止にしているケースも多いので、事前に商品の規約を読んでおくことが大切です。

サービス内容が充実しているカードローン6選 

カードローンにはさまざまな種類があり、即日融資に対応しているものや、カードを発行しなくてもスマホアプリで取引できるものなど、商品によって特徴が異なります。

ここでは、消費者金融や銀行のカードローンを6つほど紹介するので、自分に合った商品を探してみてください。

サービス内容が充実しているカードローン6選

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 三井住友銀行カードローン

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャルグループに属しています。初めて利用する人に対して、30日間の無利息サービスを提供しており、この点が大きな魅力の一つとなっています。

また、契約に関する疑問や不安がある場合は、フリーダイヤルでのサポートが利用できるため、気軽に相談できます。

アコムは利用者のプライバシーを重視しており、特に勤務先への在籍確認電話を基本的におこなわない方針です。これにより、借入が周囲に知られる心配が少なくなります。また、WEB申込やカードレスで、郵送物が自宅に届かないようにすることで、家族に知られずに借入ができます。

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループのカードローン会社です。はじめてご利用の方は、契約の翌日から30日間金利がゼロ円。審査回答も最短20分で即日融資にも対応しています。
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短20分 30日

プロミス

プロミスは、WEB完結により申込から借入、返済までをWEBでできて、来店の必要や書類の郵送といった手間が省けます。

新規利用者に対して、初回借入日から30日間の無利息サービスを提供しており、アプリを通じて、どこにいても簡単に借入・返済ができます。

カードを持ち歩く必要がないため、紛失の心配もなく、セキュリティ面での安心感も大きいです。返済ごとにVポイントが加算され、これをショッピングやサービスの支払いに利用可能です。

プロミス

はじめてプロミスで借りる方は、メールアドレスの登録とWEB明細のご利用で、初回借入から30日間利息がかかりません。少ない入力項目で手続きが可能、最短3分※で借りられる場合もあります。※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

実質年率 審査時間 無利息期間
4.5%~17.8% 最短3分 30日

アイフル

アイフルは、その迅速さと使い勝手の良さで、たくさんの人に支持されています。急な出費にも柔軟に対応できるよう、最短20分での融資が可能で、スマホアプリを通じて、どこにいても簡単に手続きを完了できます。

プライバシー保護も徹底しており、利用者が了承しない限り、勤務先への在籍確認はおこなわれません。これにより、利用者はより安心してサービスを利用できます。

また、スマホアプリを使うことで、セブン銀行やローソン銀行のATMを利用した借入や返済もスムーズにおこなえます。

アイフル

WEB申込後、電話をすることで、優先的に審査してもらうことも可能。WEB申込なら最短18分融資も可能(※)です。借りられるかどうかを簡易的に判断できる「1秒診断」もあるので、気になった方は試してみてください。

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短18分 30日

SMBCモビット

SMBCモビットは、迅速な審査で、最短で30分後に審査結果が出ます。WEB完結の申込は、勤務先への確認電話を省略し、必要な書類もWEBで提出できるため、利用者のプライバシーを守ります。

利用した金額に対してのみ利息が発生し、その計算も日割りでおこなわれるため安心です。また、返済には提携ATM・口座振替・銀行振込・インターネット返済・ポイント返済・スマホATM取引という多彩な方法が用意されていて、利便性が高いです。

全国のコンビニATMを通じて借入や返済ができることで、場所を選ばずに柔軟に資金管理ができます。また、返済時にはTポイントが加算され、貯まったポイントでの返済も可能です。

SMBCモビット

SMBCモビットなら、手続きがスピーディーに行えます。インターネット申込なら原則電話が来ることはありません。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 -

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年にスタートした個人顧客向けのカードローンで、その堅実な運営と顧客への信頼性で知られています。

バンクイックは即日融資していませんが、次の営業日には融資が受けられ、三菱UFJ銀行・セブン銀行・ローソン銀行・イーネットなどの提携ATMを利用した際の手数料無料が大きなメリットです。

また、三菱UFJ銀行の口座を持っている人は振込融資時の手数料も免除されます。バンクイックは、夜間や休日でも追加の手数料なしで利用できて、申込手続きはWEBで24時間可能です。

三菱UFJ銀行 バンクイック

三菱UFJ銀行の口座がなくても申し込み可能!申し込みから契約まで、来店する必要はありません。借り入れや、毎月の返済は1,000円から可能。返済日はご希望の日にちを選べます。

実質年率 審査時間 無利息期間
1.8%~14.6% 最短即日 -

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、迅速な審査と信頼できる大手銀行のブランド力を兼ね備えており、借入希望額が50万円以下であれば基本的にの借入には運転免許証一枚で手軽に利用できます。

上限金利は年14.5%と設定されており、利用者の返済の負担を考慮した低金利が特徴です。三井住友銀行に預金口座がない人でも、WEBを利用して24時間365日いつでも簡単に申込ができます。

また、国内の多数の提携コンビニATMでの手数料無料の利用ができ、カードを持たずに取引できるカードレスも提供しているため、ATMに足を運ぶことなく、より便利でスムーズな資金の借入が可能です。

三井住友銀行カードローン

・全国に設置してある三井住友銀行のATMであれば、借入・返済の手数料はかかりません。
※カードレスを選択の場合は(SMBCダイレクト)インターネットによるご利用となり、ATMはご利用いただけません。

・返済日はお客様の都合に合わせて、5日・15日・25日・末日のなかから選べます。
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合がございます。

実質年率 審査時間 無利息期間
1.5%~14.5% 最短当日※ -

従業員貸付制度に関するよくある質問

Q1:会社にお金を借りると昇進に影響しますか?

会社にお金を借りること自体は、昇進に直接的な影響を与えるものではありません。

しかし、借入金の返済状況によっては、昇進に影響を与える可能性があります。昇進のために、借入金の返済状況を良好に保ち、会社のお金にルーズな印象を与えないようにすることが重要です。

Q2:従業員貸付制度でお金を借りるときの金利はどのくらいですか?

従業員貸付制度でお金を借りるときの金利は、会社によって異なりますが、一般的に年2.0%〜4.0%程度です。

これは、銀行や消費者金融のカードローンの金利と比べるとかなり低い金利です。具体的な金利は会社や制度により異なるため、総務部や経理部の担当者に確認しましょう。

まとめ

従業員貸付制度は、一般的なローンやカードローンと比べて低金利が借りられる点が魅力の制度です。

しかし、利用目的が限られており、全ての会社で利用できるわけではない点はデメリットといえるでしょう。

また、従業員貸付制度は、会社によって異なるため、利用する際には、自社の制度の利用条件や融資金額・金利・返済方法など、事前に確認するようにしましょう。また、自身の状況や返済能力に応じて、カードローンなど他の借入方法も考慮したうえで利用を検討することが非常に大切です。

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループのカードローン会社です。はじめてご利用の方は、契約の翌日から30日間金利がゼロ円。審査回答も最短20分で即日融資にも対応しています。
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短20分 30日

プロミス

はじめてプロミスで借りる方は、メールアドレスの登録とWEB明細のご利用で、初回借入から30日間利息がかかりません。少ない入力項目で手続きが可能、最短3分※で借りられる場合もあります。※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

実質年率 審査時間 無利息期間
4.5%~17.8% 最短3分 30日

三井住友銀行カードローン

・全国に設置してある三井住友銀行のATMであれば、借入・返済の手数料はかかりません。
※カードレスを選択の場合は(SMBCダイレクト)インターネットによるご利用となり、ATMはご利用いただけません。

・返済日はお客様の都合に合わせて、5日・15日・25日・末日のなかから選べます。
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合がございます。

実質年率 審査時間 無利息期間
1.5%~14.5% 最短当日※ -

あなたにぴったりのカードローンを探す

アコム

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミス

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

SMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

レイク

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

Webで申込むと60日間無利息!

※初めてなら初回契約翌日から無利息

※無利息期間経過後は通常金利適用。

※30日間無利息、180日間無利息と併用不可。

※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

※ご契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。

※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

≪貸付条件≫

融資限度額 1万円~500万円

貸付利率 4.5%~18.0%

ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方

遅延損害金(年率) 20.0%

ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング

ご返済期間・回数 最長5年、最大60回

必要書類 "運転免許証

※収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャル株式会社が必要とする場合)

担保・保証人 不要

新生フィナンシャル株式会社

登録番号:関東財務局長(10) 第01024号

日本貸金業協会会員第000003号

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン:申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

三井住友銀行カードローン:ローン契約機でローン専用カードを受け取る場合、もしくはカードレスを選択される場合は郵送物はありません。

auじぶん銀行じぶんローン

■通常:1.48%~17.5%

■カードローンau限定割 誰でもコース:1.38%~17.4%

■カードローンau限定割 借り換えコース:0.98%~12.5%

※誰でもコースは、au IDをお持ちの方向けの金利となります。また、借り換えコースは、au IDを持っているかつ、借り換えの場合の金利となります。

プロミス レディース

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

イーキャンパス

高校生は利用不可です。

友林堂

場合によっては即日融資ができないこともあります

学協

20歳未満の場合、アルバイト等の収入証明書(給料明細書等)が必要となります。

フレンド田

場合によっては、即日融資ができないこともあります

・本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。
・本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
・本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
・当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
・本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
・口コミは個人の感想であり、必ずしも口コミと同様のサービス提供を保証するものではございません。
・規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。