インターネットバンキング利用者は7割弱 男性40・50代は約8割が利用 「楽天銀行」が利用率トップに
マイボイスコムは、25回目となる「インターネットバンキングの利用」に関するインターネット調査を実施しまし、結果を公表した。

1.インターネットバンキングの利用経験

インターネットバンキングの利用経験者は約76%という結果に。

「現在利用している」は69.0%で、男性40・50代では各8割弱、男性60代では75%と高くなっている。
また、「利用したことがない」は24.5%で、女性10・20代と70代で4割弱みられた。

インターネットバンキング利用者は7割弱 男性40・50代は約...の画像はこちら >>
インターネットバンキングの利用経験

2.インターネットバンキングで利用するサービス

インターネットバンキングで利用するサービスは(複数回答)、「口座情報の照会・明細の確認」が利用経験者の84.9%、「振り込み・送金」が78.8%、「ネットショッピングなどの決済」「口座振替」が各30%台となった。

インターネットバンキング利用者は7割弱 男性40・50代は約8割が利用 「楽天銀行」が利用率トップに
インターネットバンキングで利用するサービス

3.利用しているインターネットバンキング

インターネットバンキングを現在利用している人に、利用しているインターネットバンキングを聞いたところ(複数回答)、「楽天銀行」が49.3%、「ゆうちょ銀行」「三菱UFJ銀行」「住信SBIネット銀行」が各20%台、「三井住友銀行」「上記以外の地方銀行」「PayPay銀行」が各2割弱となった。


4.インターネットバンキング選定時の重視点

インターネットバンキング選定時の重視点は(複数回答)、「手数料が安い(または無料)」が利用経験者の69.9%、「銀行に取引口座がある」「信頼できる」が44~45%、「24時間リアルタイムで利用が可能」が31.9%。

「あおぞら銀行」主利用者では「預金の金利が高い」、「セブン銀行」利用者では「利用できるATMが多い」「24時間リアルタイムで利用が可能」の比率が高くなっている。

5.インターネットバンキングを利用する機器

インターネットバンキングを利用する機器は(複数回答)、「パソコン」が利用経験者の72.0%、「スマートフォン」が56.1%。男性10~30代や女性10~40代では、「スマートフォン」が最も多くなった。

また、「auじぶん銀行」「セブン銀行」主利用者でも「スマートフォン」が7割強~8割強と高く、「パソコン」を上回っている。

インターネットバンキング利用者は7割弱 男性40・50代は約8割が利用 「楽天銀行」が利用率トップに
インターネットバンキングを利用する機器

6.インターネットバンキングの利用意向

インターネットバンキングの利用意向は、「積極的に利用したい」「まあ利用したい」を合わせて約74%という結果に。男性30~50代では8割強と特に高くなっている。

また、インターネットバンキングの現在利用者では約97%、未経験者では約16%となった。


【調査概要】
調査対象:MyVoiceのアンケートモニター
調査方法:インターネット調査
調査時期:2024年1月1日~1月5日
回答者数:9,290名

<参考>
マイボイスコム『インターネットバンキングの利用