PayPay証券、「PayPay資産運用」でiDeCoの申し込み受付開始 低コストのファンドを中心に26種類の商品を厳選
PayPay証券は、みずほ銀行が提供する「iDeCo」の申し込み受付を開始すると発表した。

PayPay証券、「PayPay資産運用」でiDeCoの申し...の画像はこちら >>
PayPay証券、「PayPay資産運用」でiDeCoの申し込み受付開始PayPay証券は受付金融機関として、みずほ銀行を運営管理機関とするiDeCoのサービスを提供。
これに伴い、PayPayが提供するキャッシュレス決済サービス「PayPay」内のミニアプリ「PayPay資産運用」において、「PayPay証券のiDeCo」の提供を開始したとのことだ。

「PayPay証券のiDeCo」は、残高、つみたて額、期間に関わらず、誰でも運営管理手数料は0円。

バランス型、株式(海外・国内)、債券(海外・国内)、REIT(海外・国内)ファンドおよび元本確保型商品(定期預金)から26種類を用意。取扱銘柄が多すぎて商品が選べないということが無いように「PayPay証券のiDeCo」では低コストのファンドを中心に厳選したとしている。

なお、利用者のリスク許容度に適したポートフォリオを提案する資産運用ロボアドバイザーSMART FOLIO<DC>も利用可能で、リスク許容度診断から運用状況の確認・運用商品の見直しなど、利用者の資産運用をサポートするという。

また、「PayPay証券のiDeCo」は、PayPay証券アプリやPayPay証券ホームページからも申し込み可能とのことだ。