東京・新橋エリアに次世代テーマパーク型「横丁」が11月中旬オープン 全国のソウルフードや日本文化の体験エリアを展開
浜倉的商店製作所は、新橋エリアに新たなフードエンターテインメントレジャー施設を11月中旬より開業すると発表した。

東京・新橋エリアに次世代テーマパーク型「横丁」が11月中旬オ...の画像はこちら >>
東京・新橋エリアに次世代テーマパーク型「横丁」が11月中旬オープン同施設は、同社の新たな取り組みとして展開する、食事だけではなく、エンターテインメントや古き良き日本文化が集結した次世代テーマパーク型の「横丁」。


施設内すべてを同社代表である浜倉好宣氏が手がけ、全国のソウルフードの提供に加え、エンターテインメントや日本文化の体験に特化したエリアを展開するという。

同社はこれまで、身近なレジャーである食体験と古き良き日本文化の継承を掛け合わせた恵比寿横丁や渋谷横丁、新宿カブキhallを企画から運営まで実施してきた。

今回、より楽しいと思ってもらえる、また日本ならではの文化を体感できる場として同施設を企画開発、運営することが決定。

同施設は、これまで提供してきた横丁の飲食体験を超え、訪れた人が自分らしく楽しめる施設になっているとのことだ。また今後、各エリアの詳細などを随時公開予定だとしている。