中国の人権弾圧に声をあげない日本の政治家

中国の人権弾圧に声をあげない日本の政治家
拡大する(全3枚)

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月26日放送)にジャーナリストの有本香が出演。国家安全法に抗議する香港でのデモ、また中国による人権弾圧について解説した。

中国の人権弾圧に声をあげない日本の政治家の画像はこちら >>

香港の繁華街で行われた、国家安全法導入に対する抗議デモ。抗議者たちは中国共産党の滅亡を求めて「天滅中共」のポスターや「香港独立」の旗を掲げながらデモ行進した=2020年5月24日 写真提供:産経新聞社

中国で審議中の法案をめぐり香港でデモ~180人以上逮捕

香港の繁華街で24日、中国の全人代で審議されている国家安全法について「政府批判が罪に問われ、言論の自由などを奪う」などとして反対するデモが起こった。香港メディアによると数千人が参加した。また、香港警察は排除のため催涙弾を撃ち、少なくとも180人以上を違法集会などの疑いで逮捕した。

飯田)コロナの影響で、9人以上は集まってはいけないと言われていたのですが、どう考えても100人以上の香港警察が密集していました。

有本)これは2019年6月からの流れがあります。そこから香港で何百万人という規模のデモが起きました。2014年に学生たちが起こした雨傘運動というデモがあって、そのときから感じていることがあります。かつて香港が返還され、一国二制度が50年続くと中国側は約束したのだけれど、そのときに、日本でお馴染みの台湾出身の評論家である金美齢さんや、いわゆる台湾独立派の人たちは「そんなもの中国が50年も約束を守るはずはない」と言っていました。そのときに台湾の独立派の人たちが言っていたのは、「香港人はもっと戦って欲しい」ということです。怖いのはわかるけれど、香港が返還されるときに外国へ逃げて他の国の国籍を取り、商売だけ香港へ戻ってやればいいや、ではなくて「政治的に中国と一緒に戦って欲しい」ということをおっしゃっていました。私もそのときは香港の人は非常に現実的で、あまり政治的なことに自分の体を張って命をかけることはしないのかなと思っていました。しかしそうではなく、若い世代が自分の将来や自分の命をかけて「香港の将来のために」と言って闘う姿を数年間見ているのです。人間というのは、現実的な自分のきょうの生活以外のためにも、いろいろなことを志してやれる存在なのだな、ということを改めて知らされたところがあります。


この記事の画像

「中国の人権弾圧に声をあげない日本の政治家」の画像1 「中国の人権弾圧に声をあげない日本の政治家」の画像2 「中国の人権弾圧に声をあげない日本の政治家」の画像3

当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク