深刻な海外からの漂着ごみ問題~その多くは“中国・韓国”からのもの

深刻な海外からの漂着ごみ問題~その多くは“中国・韓国”からのもの
拡大する(全3枚)

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月17日放送)に作家で自由民主党・参議院議員の青山繁晴が出演。海外から漂着するプラスチックごみの問題について解説した。

深刻な海外からの漂着ごみ問題~その多くは“中国・韓国”からの...の画像はこちら >>

市民による清掃活動で集まった大量の漂着ごみ。プラスチックによる海の環境汚染対策が急務だ=2020年12月、沖縄県石垣市 写真提供:共同通信社

海外から漂着するプラスチックごみ

自由民主党本部で2月16日、経済産業部会、環境部会、環境・温暖化対策調査会の合同会議が行われ、プラスチックごみを資源循環させるための新しい法案について審議が行われた。今回の法案の条文では、海外から漂着するごみ対策についても触れられている。

飯田)青山さんは、経済産業部会の部会長代理でもいらっしゃるということで、最初のところから関わっていると思いますが、海外からのごみの多さ、海岸線を行くと何となくわかりますね。

青山)海の近くに住んでいる方にとっては大きな問題だと思います。海洋調査船に乗って近海によく出ています。遠い海のことを「ブルーウォーター」と言います。そこでもプラごみは目撃されていますが、近海をよく見ると、深刻に汚染されていることがよくわかりますし、魚介類のなかから実際にプラスチックごみが出て来るのです。

深刻な海外からの漂着ごみ問題~その多くは“中国・韓国”からのもの

首相官邸への申し入れを終え、記者団の質問に答える日本の尊厳と国益を護る会・青山繁晴代表幹事=2020年2月14日午後、首相官邸 写真提供:産経新聞社


この記事の画像

「深刻な海外からの漂着ごみ問題~その多くは“中国・韓国”からのもの」の画像1 「深刻な海外からの漂着ごみ問題~その多くは“中国・韓国”からのもの」の画像2 「深刻な海外からの漂着ごみ問題~その多くは“中国・韓国”からのもの」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク