笑福亭鶴瓶「勝手に緊張して」 正面からできなかった兄弟子・笑福亭仁鶴への出演交渉

笑福亭鶴瓶「勝手に緊張して」 正面からできなかった兄弟子・笑福亭仁鶴への出演交渉
拡大する(全5枚)

笑福亭鶴瓶が、8月17日に84歳で亡くなった笑福亭仁鶴さんを悼んだ。

笑福亭鶴瓶「勝手に緊張して」 正面からできなかった兄弟子・笑...の画像はこちら >>

笑福亭鶴瓶 ニッポン放送・関西支社より生出演

8月22日のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に生出演した鶴瓶は、「あのお兄さんがおったから、この世界を選んだと言っても過言ではないんですよね」と、学生時代に仁鶴さんの「市民寄席」を観に行った際に偶然、松鶴師匠の落語を目の当たりにし弟子入りを決めた……という、自身の入門のきっかけを語った。

鶴瓶にとって、兄弟子にあたる仁鶴さんは“憧れ”であり、いつまでも“話すと緊張する相手”だったといい、緊張してストレートに言えずに周りくどい方法で仁鶴さんに出演交渉したことがあるという。

鶴瓶が、松鶴師匠の住居跡地に建てた寄席小屋を利用し月に1回開催するイベント『無学の会』をスタートさせるときのこと。「まずは兄さんに出てもらわないと始まらない」と考えていた鶴瓶は、どうアプローチしたものかと悩んでいた。仁鶴さんの妻である隆子さんにも相談し、「時間がかかるよ」と言われながらもその機会をうかがっていた。

当時、鶴瓶が『鶴瓶・上岡パペポTV』(読売テレビ)、仁鶴さんが『大阪ほんわかテレビ』(読売テレビ)にそれぞれ出演。偶然にも楽屋が隣同士だったが、ある日、鶴瓶が耳をすますと隣の楽屋から“ロシア民謡”が聞こえてきたという。そこで、“仁鶴さんはロシア民謡が好きらしい“という情報を手に入れた鶴瓶は、すぐさまバラライカ奏者を探し、バラライカ奏者の北川翔さんへ連絡し『無学の会』への出演を依頼。それが決まり、仁鶴さんへ「今度バラライカ奏者の方が出演してくれて……」と話してみたところ、「そんな人が来るんか!」と好印象。そこですかさず「出演していただけませんか?」と交渉したのだという。


この記事の画像

「笑福亭鶴瓶「勝手に緊張して」 正面からできなかった兄弟子・笑福亭仁鶴への出演交渉」の画像1 「笑福亭鶴瓶「勝手に緊張して」 正面からできなかった兄弟子・笑福亭仁鶴への出演交渉」の画像2 「笑福亭鶴瓶「勝手に緊張して」 正面からできなかった兄弟子・笑福亭仁鶴への出演交渉」の画像3 「笑福亭鶴瓶「勝手に緊張して」 正面からできなかった兄弟子・笑福亭仁鶴への出演交渉」の画像4
「笑福亭鶴瓶「勝手に緊張して」 正面からできなかった兄弟子・笑福亭仁鶴への出演交渉」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

笑福亭鶴瓶のプロフィールを見る
ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「笑福亭鶴瓶」に関する記事

「笑福亭鶴瓶」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「笑福亭鶴瓶」の記事

次に読みたい「笑福亭鶴瓶」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク