“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結
拡大する(全13枚)

朗読劇「リスナーたちの星空」が上演されることが決定した。ラジオを愛する劇作家・土田英生と、現役のラジオ構成作家・宮澤一彰のもと、ミュージカル俳優から、声優、タレントまで幅広いジャンルのラジオを愛する男女10名のキャストが集結。ラジオ局ニッポン放送による“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇が誕生する。

“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生...の画像はこちら >>

朗読劇「リスナーたちの星空」2022年4月27日(水)~5月1日(日)紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて上演

いつだって僕らは、ラジオでつながっていた——
この場所なら伝えられる思いがある。この場所だから伝わる思いがある。
とある番組がきっかけで結ばれた伝説のカップルの恋の行方を軸に、リスナーたちの人生が投稿メールによって紡がれていく。

脚本・演出は、軽妙な笑いの中に「人間にとって大事なこと」をさり気なく伝える、軽さと重さがミックスした会話劇に定評のある、土田英生。全作品の作・演出を務め、全国的な人気を集める京都の劇団「MONO」を主宰。近年ではドラマ半沢直樹」への出演で役者としての存在感を示し、劇団と30年にも及ぶ演劇活動で生まれた戯曲にも新たに注目が集まっている。自らがラジオ好きと語る土田がオリジナル脚本を書き下ろす。

脚本協力には、自身も学生時代はラジオのヘビーリスナーとして「ダビッツのメガネ」というペンネームで多くの番組に投稿し、現在はラジオ構成作家として活躍する宮澤一彰が参加。『back numberのオールナイトニッポン』『宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD』『ナイツ ザ・ラジオショー』など数多くの人気番組を担当してきた宮澤が、物語によりリアルな魅力を生み出す。


この記事の画像

「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像1 「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像2 「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像3 「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像4
「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像5 「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像6 「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像7 「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像8
「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像9 「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像10 「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像11 「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像12
「“ラジオ”がテーマの新しい朗読劇「リスナーたちの星空」が誕生! ラジオを愛する男女10名のキャストが集結」の画像13