返り血を浴びる「覚悟」が日本にあるのか  問われるロシアへの「経済制裁」の意味
拡大する(全2枚)

元航空自衛官で評論家の潮匡人が5月9日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。G7のオンライン会合について解説した。

返り血を浴びる「覚悟」が日本にあるのか  問われるロシアへの...の画像はこちら >>

2019年6月29日、大阪府大阪市を訪問している安倍総理は、G20大阪サミットを開催。夜には、ロシア連邦のウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン大統領と共に日露交流年閉会式に出席し、続いて会談を行い、その後文書署名式及び文書交換式に立ち会った後、共同記者発表を行った。 ~首相官邸HPアーカイブより https://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11547454/www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201906/29g20.html

G7のオンライン会合で岸田首相が露産石油禁輸表明

岸田文雄首相は5月9日未明に開かれた先進7ヵ国(G7)首脳のオンライン会合で、ウクライナに侵攻したロシアに対する追加制裁として、ロシア産の石油を原則禁輸する方針を表明した。

G7の他の国の制裁と比べると遅れている日本

飯田)先進7ヵ国(G7)のオンライン会合が、ウクライナのゼレンスキー大統領を招いて開催されました。ロシア産石油の禁輸という話が出てきています。どうご覧になりますか?

潮)日本としては、これまでよりは一歩進めたということで、方向性は評価すべきだと思います。しかし、G7の日本以外の国の制裁と比べると、やはり日本が遅れていると言わざるを得ないと思います。


この記事の画像

「返り血を浴びる「覚悟」が日本にあるのか  問われるロシアへの「経済制裁」の意味」の画像1 「返り血を浴びる「覚悟」が日本にあるのか  問われるロシアへの「経済制裁」の意味」の画像2