既婚子持ち女性は、アラサー独身女性の「天敵」なのか?
拡大する(全4枚)
独身アラサーの女性から、こんな話を聞きました。

「既婚の女性に、お子さんの受験についての悩みを語られましたが、どのように返せば良いのかわからなくて……」

そりゃ、わかんねぇわ。

私にも最近こんなことが。

「うちの子がね、すごくモテるみたいなの。うふふふふ」

良かったですね……、と返すのが精一杯だった私です。

既婚+子持ちの女性には、家庭を持つ女性ゆえの独特なワールドがあると感じます。

かくいう私も既婚の子持ち熟女ですが、形式上は同じ条件を備えた女でさえも、共感できないこともしばしば。

それだけ家族や家庭に対する価値観は多種多様ということでしょう。

既婚女性同士でも会話に窮することもあるくらいですから、独身女性が既婚の子持ち女性との会話に困惑するのも無理はありません。

特に妙齢のアラサー女性同士の場合、両者に微妙な空気が流れることも。

果たして既婚子持ち女性は、独身アラサー女子の天敵なのでしょうか?

既婚子持ち女性は、どうして家庭の話ばかりするのか

女性は結婚して、子どもを授かると人生が一変します。

これまで自分のためだけに使うことができた時間は、子育てと家の雑事に奪われ、唯一の自由時間は「仕事」という人も少なくありません。

そんな状況ですから、必然的に話題は家族か仕事に集中してしまう傾向があります。

結婚して子どもを産み育てるという経験は、女性にとっては人生をかけた大事業です。

しかしコトの大きさが、世界を広げてくれるかというとそれは少し違います。

この記事の画像

「既婚子持ち女性は、アラサー独身女性の「天敵」なのか?」の画像1 「既婚子持ち女性は、アラサー独身女性の「天敵」なのか?」の画像2 「既婚子持ち女性は、アラサー独身女性の「天敵」なのか?」の画像3 「既婚子持ち女性は、アラサー独身女性の「天敵」なのか?」の画像4