「バースデー・ワンダーランド」原恵一監督が“初挑戦の本格ファンタジー”で伝えたかったことは?【インタビュー】

「バースデー・ワンダーランド」原恵一監督が“初挑戦の本格ファンタジー”で伝えたかったことは?【インタビュー】
『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
4月26日にアニメーション映画『バースデー・ワンダーランド』が公開を迎える。

原作は柏葉幸子の児童文学『地下室からのふしぎな旅』(講談社青い鳥文庫)。
内気な少女・アカネが、誕生日前日に謎の大錬金術師・ヒポクラテスと、その弟子である小人のピポに導かれ、叔母のチィと共に現実世界とは異なる「幸せ色のワンダーランド」で繰り広げる冒険を描く。

監督を務めるのは、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』、『河童のクゥと夏休み』、『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』を手がけた原恵一。
キャリア初の本格ファンタジー作品にどのような心境で臨んだのか、本作に込めた思いを訊いた。
[取材・構成=山田幸彦]

■日本人にはない感性が生んだビジュアル
――『バースデー・ワンダーランド』は原監督のキャリアでは初となる本格的なファンタジー作品となりますが、どのようなご心境で取り組まれましたか?

原:もともと、僕はファンタジー物にあまり興味がないほうなので、声が掛かったときは正直なところ不安もありました。
ただ、キャラクターがブレなければ、ファンタジーだろうがリアルなものだろうが楽しんでもらえる自信はありました。

映画作りで大切なことは「キャラクターを立たせること」だと常々思っていて、それは今回もブレずに上手くできたかなと思います。
やってみたら、どんどんファンタジーというジャンルの楽しさも感じるようになりました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年5月8日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。