『SHAMAN KING』(2021年4月スタート)で、子安武人が以前のTVアニメシリーズに引き続き、ファウストVIII世役として出演決定となった。

『SHAMAN KING』は、神や霊と交流できる“シャーマン”たちが、500年に1度開催される「シャーマンファイト」で、森羅万象を司る星の王“シャーマンキング”の座を争う物語だ。

武井宏之先生が『シャーマンキング』(通称、マンキン)のタイトルで、1998年~2004年に集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載。その後、2011年~2014年に「ジャンプ改」にて『シャーマンキングFLOWERS』を執筆、そして現在は講談社「少年マガジンエッジ」にて『SHAMAN KING THE SUPER STAR』が連載されている。

今回新たに発表された追加キャストは、子安武人。
子安の演じるファウストVIII世は、ドイツ出身の医者でありネクロマンサーというキャラクターだ。
亡くなった最愛の妻・エリザを蘇生するためにシャーマンファイトに参加。医者としての確かな腕と膨大な医学知識を駆使したネクロマンシーは非常に強力である。


『SHAMAN KING』は、2021年4月よりテレビ東京系にて放送スタート。

<以下、コメント全文掲載>

ファウストVIII世:子安武人
Q1. 本作の魅力を、お聞かせいただけますでしょうか。

世界観、物語、キャラクター、そして皆さんの愛です。

Q2. ファウストVIII世というキャラクターを演じるにあたり意気込みを教えていただけますでしょうか。

生まれ変わってもまた、エリザを愛することが出来てとても幸せです。
ファウスト頑張ります。
応援よろしくお願い致します。

<スタッフ>
監督 :古田丈司
シリーズ構成 :米村正二
キャラクターデザイン :佐野聡彦
プロップデザイン :柴田ユウジ
美術監督 :木村仁哉
美術設定 :川口正明
色彩設計 :大塚奈津子
撮影監督 :川瀬輝之
編集 :坂本久美子
音楽 :林 ゆうき
音響監督 :三間雅文
音楽制作 :キングレコード
アニメーション制作 :ブリッジ

<キャスト>
麻倉 葉:日笠陽子
阿弥陀丸:小西克幸
小山田まん太:犬山イヌコ
恐山アンナ:林原めぐみ
道 蓮:朴 璐美
馬孫:高口公介
梅宮竜之介:田中正彦
蜥蜴郎:高木 渉
ホロホロ:うえだゆうじ
コロロ:中島 愛
ファウストVIII世:子安武人
玉村たまお:水樹奈々
ポンチ:宮園拓夢
コンチ:観世智顕
道 潤:根谷美智子
李白竜:櫻井トオル
ハオ:高山みなみ
(C)武井宏之・講談社/SHAMAN KING Project.・テレビ東京