『Shenmue the Animation』の配信時期が2022年4月に決定。あわせてM・A・O、平修、葉山翔太、鷲見昂大らメインキャスト第3弾も発表となった。


『Shenmue the Animation』は、1999年にセガの家庭用ゲーム機・ドリームキャストで発売され、数多くの作品に影響を与えた伝説的アクションアドベンチャーゲーム『シェンムー』のアニメ化作品だ。
舞台は1986年の横須賀から香港。芭月道場で生まれ育った主人公・芭月涼が、謎の男・藍帝に父を殺され、父の守っていた“鏡”を奪われたことをきっかけに、闇組織の抗争に巻き込まれてゆく姿を描く。

今回、4月からの配信決定とあわせて、第3弾メインキャストが発表に。
裏表のない快活な性格の女性・ジョイ役をM・A・O、ストリートギャング“ヘヴンズ”の頭を務める青年・刃武鷹(レン・ウーイン)役を平修、同じく“ヘヴンズ”に所属する少年・ウォン役を葉山翔太、そしてチャイニーズマフィア“黄天会”のボス・斗牛(トギュウ)役を鷲見昂大が演じることとなった。4名からはコメントも到着している。


『Shenmue the Animation』は、2022年4月配信スタート。

<以下、コメント全文掲載>

M・A・O(ジョイ役)

『Shenmue the Animation』にてジョイ役を演じさせていただきます、M・A・Oです。
長く愛され続けている作品に参加させていただく事ができ、本当に嬉しく思っております。ジョイさんは姉御肌の格好良いキャラクターで、芭月涼さんを一目で気に入りお節介を焼く姿がとてもチャーミングだと感じました。収録では、強さと優しさを兼ね備えたジョイさんの魅力をしっかりお伝えできるよう、精一杯演じさせていただきました。ぜひ、配信開始を楽しみにしていただければ幸いです!

平 修(レン・ウーイン役)

ゲーム「シェンムーIII」に引き続き刃武鷹を演じる事になりました、平 修と申します。

「シェンムーIII」の収録が終わっても日々レンの事を考えていたら、なんとアニメ化の話が!
一筋縄ではいかない男、レンを演じるのは難しく、松風さんや監督さんをはじめ、多くの方々にご助力いただきました。
スタッフとキャストの熱い魂が込められた『Shenmue the Animation』、私も楽しみにしています。

葉山翔太(ウォン役)

香港編より登場するウォンを演じさせていただきました。
涼やレンを兄のように慕い、まだ幼いながらもジョイとともに行動していく勇気ある様は、台本を読んでいて元気づけられました。
一番鮮明に覚えているシーンはジョイとバイクに乗って逃げているシーンですね。緊迫感のあるシーンではありましたが、M・A・Oさんとの姉と弟みたいな掛け合いがとても楽しかったです!
世の不条理に抗おうとするウォン、おっちょこちょいな等身大のウォン、どちらも一生懸命演じているので、皆様に楽しんでもらえたら嬉しいです。


鷲見昂大(斗牛役)

この度、斗牛役を担当させて頂きます、鷲見昂大です。
テレビゲーム史に残るこのビッグタイトルに関わらせて頂いたこと、大変光栄に思います。
斗牛はその名の通り、荒々しい猛牛のような強敵です。
涼たちの物語に立ちふさがる巨大な障害となるよう、全力で演じさせていただきました。
彼らの壮絶な戦いの決着がどのようなものになるのか、楽しみにお待ちください!

<STAFF>
原案:鈴木 裕(YS NET) 原作:セガ
監督:櫻井親良
シリーズ構成:下山健人
キャラクター原案:雨鷹 キャラクターデザイン:石川健介
美術監督:村本奈津江 色彩設計:小島真喜子(スタジオ・ロード)
音響監督:えびなやすのり 音楽:澁江夏奈 音楽制作:ウェーブマスター
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム
製作:Shenmue Project

オープニングテーマ:「UNDEAD-NOID」伊東歌詞太郎
エンディングテーマ:「Sympathy」鳴ル銅鑼

<CAST>
芭月涼:松風雅也 / 藍帝:櫻井孝宏 
シェンファ:照井春佳 / 原崎望:伏見はる香 / 陳貴章:木島隆一 
ジョイ:M・A・O / レン:平 修 / ウォン:葉山翔太 / 斗牛役:鷲見昂大 ほか

(C)SEGA / Shenmue Project