アニメ『美少女戦士セーラームーン』の物語の最終章を描く劇場版『美少女戦士セーラームーンCosmos』が、2023年初夏に前編と後編の2部作連続で公開されることが決定した。さらに、ティザービジュアルと特報映像がお披露目となった。

『美少女戦士セーラームーン』は、1991年から1997年にわたり少女マンガ雑誌「なかよし」で連載された、武内直子のマンガが原作。可愛らしくポップなビジュアルと、運命に導かれた女の子たちが華麗に変身し戦う愛と正義の物語で、連載開始から圧倒的な人気を集めた。
単行本の世界累計発行部数は紙、電子の合計で4,600万部にのぼり、1992年からはTVアニメシリーズの放送もスタート。1997年に放送が終了した後も、日本のみならず40か国以上の国で放送され、いまなお世界中で愛されるコンテンツとなっている。

2012年にはファンの声に押されるようにプロジェクトが再始動。コスメやブランドなどのコラボやイベントなど幅広く展開し、再びその魅力を世に送り出した。
2014年からは、新シリーズ『美少女戦士セーラームーンCrystal』としてアニメがスタート。2021年には25年ぶりとなる劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』が公開され、今年2022年は連載開始30周年を迎えるなど、ますます盛り上がりを見せている。

劇場版『美少女戦士セーラームーンCosmos』の公開は、4月28日にYouTubeで配信された「『美少女戦士セーラームーン』30周年記念特番」にて発表となったもの。本作で描かれるのは、『美少女戦士セーラームーン』シリーズ最終章の“シャドウ・ギャラクティカ編”だ。