マンガ『青の祓魔師』の15周年記念企画として、原作者・加藤和恵の発案による「怪談」とコラボしたイベント「青の祓魔師 納涼怪談会 奥村燐 真夏の夜の単独任務『百物語を阻止せよ!』」が8月25日に開催されることがわかった。6月4日発売の「ジャンプスクエア」7月号で詳細が発表となったもので、加藤が描き下ろしたキービジュアルも公開された。


『青エク』こと『青の祓魔師』は、2009年4月より月刊マンガ誌「ジャンプスクエア」にて連載中の加藤和恵によるファンタジーマンガ。魔神の血を引く主人公・奥村燐が過酷な運命に抗い、双子の弟である雪男や仲間とともに悪魔を祓う“祓魔師”を目指す姿を描く。「ジャンプスクエア」初のコミックス初版部数100万部突破作品であり、既刊31巻でのシリーズ累計発行部数は2500万部以上を数える。また、2024年10月にはTVアニメ新シリーズとなる「雪ノ果篇」の放送を控える。

「青の祓魔師 納涼怪談会 奥村燐 真夏の夜の単独任務『百物語を阻止せよ!』」は、2024年4月に15周年を迎えた本作が、4月発売の「ジャンプスクエア」5月号誌面上においてこれを記念する企画として実施を発表していたもののひとつ。原作者の加藤発案による、本作と「怪談」がコラボしたイベントとなる。


イベントには、アニメ『青の祓魔師』で主人公・奥村燐役を務める声優岡本信彦のほか、吉田悠軌、夜馬裕をはじめとする人気怪談師4名が出演。主人公・奥村燐が「百物語を阻止せよ!」との指令を受け真夏の夜に単独任務に挑む、という設定のイベント用オリジナルストーリ-が加藤描き下ろしのイラストとともに展開されるほか、怪談師4名によるオリジナルの“怪談”エピソードが披露される。

また会場では、加藤の描き下ろしイラストを使用したTシャツ、うちわ、缶バッジ、アクリルスタンドなどのグッズも、「ジャンプキャラクターズストア」などに先駆けて先行販売が行われる。なお、本イベントは事前応募・完全招待制で、応募多数の場合は抽選によって当選者を決定する。応募は、6月4日発売の最新コミックス31巻の帯についている応募券をはがきに貼って郵送するかたちだ。

マンガ『青の祓魔師』の15周年記念企画となる「青の祓魔師 納涼怪談会 奥村燐 真夏の夜の単独任務『百物語を阻止せよ!』」は、2024年8月25日に東京の神田明神ホールで開催される。
『青エク』初の試みとなる怪談イベントに注目だ。

■イベント概要
【青の祓魔師 納涼怪談会 奥村燐 真夏の夜の単独任務「百物語を阻止せよ!」】

○開催日時:2024年8月25日 18:00 開演
※90分想定 ※17:00 開場
○出演:岡本信彦(奥村燐役)、吉田悠軌、夜馬裕、村上ロック、牛抱せん夏
○会場:神田明神ホール
(東京都千代田区外神田 2-16-2 神田明神文化交流会館2F)
○招待者数:200名予定(全席指定)
○応募方法:6月4日発売の『青の祓魔師』31巻帯に付いている応募券をはがきに貼って応募。
○応募締切:2024年7月3日(水)※当日消印有効
○販売予定グッズ:
Tシャツ・うちわ・ランダム缶バッジ(8種)
ランダムミニアクリルスタンド(8 種)
※グッズの先行販売は本イベントの当選者のみ対象となります。
※イベントは事前応募・完全招待制。応募多数の場合は抽選によって当選者を決定します。
(C)加藤和恵/集英社