児童小説『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』シリーズが実写映画化され、2024年12月13日に公開されることがわかった。駄菓子屋“銭天堂”の店主・紅子役には天海祐希を迎える。
発表に伴い、不思議な世界観へと誘うティザービジュアルと映像もお披露目となり、天海と中田秀夫監督、原作者からコメントも到着した。

『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』は、廣嶋玲子の作、jyajyaの絵による児童小説シリーズだ。老若男女、幸運な人だけが辿り着ける不思議な駄菓子屋“銭天堂”を舞台に、願いが叶う「ふしぎ駄菓子」を買った人々の顛末が描かれる。2013年に刊行がはじまると子どもたちのあいだで瞬く間に人気を博し、2024年4月からはシリーズ新章がスタートした。

2020年からはTVアニメ化・アニメ映画化もされ、2022年には第三回「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」にて堂々の第1位に輝いた。そのほか、2023年には舞台化、Nintendo Switchからのゲームソフト化も果たし、さらには西武園ゆうえんちとのコラボも2022年から継続されるなど、さまざまなメディアミックスが反響を呼ぶ。
その勢いは世界へも広がり、アジア諸国を皮切りに翻訳出版されるなど全世界中から愛され、累計発行部数は850万部を突破する。

このたびの実写映画化では、なんでも願いを叶えてくれる不思議な駄菓子を売る“銭天堂”の店主で、店に訪れる客の願いを察して望みの駄菓子を勧める紅子役を天海祐希が務める。一見、スタイリッシュな天海と真逆そうに見える紅子だが、およそ3時間以上かけて特殊メイクを施し、完璧な紅子へ変身を遂げた。

紅子を演じるにあたり、天海は「紅子役をオファーいただいたとき、『私で良いのだろうか』と、少々驚きましたが...…とてもワクワクしてしまいました。本当に素敵な世界観で、学ぶべきこともたくさん詰まっている作品になっていますので、お子さんはもちろんのこと、大人の方にも楽しんでいただけると思っています」とコメントを寄せる。

また、メガホンをとるのは『リング』の大ヒット以降、近年も『スマホを落としただけなのに』シリーズや『事故物件 恐い間取り』、『嘘喰い』など大ヒット作品を監督してきた日本映画の鬼才・中田秀夫監督に決定。
脚本には、『若おかみは小学生!』や『映画すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』で知られ、今年は『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』や『きみの色』に携わるなど幅広いジャンルで活躍する吉田玲子が名を連ねた。

さらに、2023年12月に行われた東宝ラインナップ発表会で映画化が発表となっていたが全貌はベールに包まれたままだった本作より、大人も子どももワクワクするような夢がふんだんに詰まったビジュアルも到着した。「猛獣ビスケット」、「型ぬき人魚グミ」、「子守コウモリ」と思わず興味をかきたてられる「ふしぎ駄菓子」が並んだ店で、飼い猫である墨丸を抱いて立つ紅子(天海)が微笑む。

あわせてお披露目となった映像では、「銭天堂」へ続く路地へ迷い込んだ1人の男の子の姿から始まり、子どもたちの素朴ながら切実な願いに合った、とっておきの「ふしぎ駄菓子」が登場する。奇妙な手招きからも感じるただならぬ雰囲気にドキドキする一方、一度は訪れてみたいワクワクする世界観に引き込まれる。最後には、「幸せになるか、不幸になるかはお客様次第…!?」と意味ありげににっこり微笑む天海演じる紅子が初お目見え。
今後の続報にも期待が膨らむ。

<以下、コメント全文掲載>

天海祐希

紅子役をやらさせて頂きます、天海祐希です。
紅子役をオファー頂いた時、「私で良いのだろうか」と、少々驚きましたが...とてもワクワクしてしまいました。
原作は世界で人気があり、アニメーションにもなっている作品ですので、ファンの皆様の紅子像を壊さない様、演じる事を心掛けました。
今回、撮影の度に特殊メイクや準備などに3時間近くかけ、紅子になっていったのですが、とても楽しかった!
中田監督の情熱やバイタリティに引っ張って頂き、とても熱のある素敵な現場でした。
中田監督といつかご一緒させて頂けたらと願っていたので、凄く嬉しかったです。

本当に素敵な世界観で、学ぶべきこともたくさん詰まっている作品になっていますので、お子さんは勿論の事、大人の方にも楽しんで頂けると思っています。
ぜひ、楽しみにして頂きたいです。

中田秀夫監督

「銭天堂を映画化したらぜひ見たい!」と私自身の家族からの熱望が本作の契機でした。
子供たちだって、誰にも言えない願いを心に秘めています。それが人を出し抜いたり、身近な誰かを不幸にさせるものであっても、人の欲は一旦膨らみ始めると収拾がつかなくなりもします。
天海さんが演じる紅子は、そんな欲望を持ってしまった人間たちを「人生のレフリー役」として、優しくもキリリとした視線で見つめます。
天海祐希にしか演じられない、唯一無二の紅子に乞うご期待です!

原作者:廣嶋玲子・作

2024年1月、幸運にも映画の撮影現場を見学することができました。
多くの人達が一つのものを作りあげようとする独特の気迫、圧巻のセットに、ただただ感動しました。
なにより、天海さんの紅子に圧倒されました。
妖艶で、ミステリアスな雰囲気をまとった紅子そのもの。
その演技に引きこまれ、ゾクゾクしました。
いったい、どのような映画になるか、本当に完成が待ち遠しいです。

そして、映画にたずさわった方々全員に、心から感謝いたします。

原作者:jyajya・絵

実写化のお話をいただき、とてもうれしかったです。
撮影現場にお邪魔する機会があり、そこには本から飛び出たような銭天堂の世界が広がっていました。店内にならぶ沢山の駄菓子に目を奪われ、天海さんが演じる紅子さんからは、本の中の紅子さんが放つような堂々たるオーラを感じました。完成を楽しみにしています!

作品概要
映画「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」
出 演 : 天海祐希
原 作 : 「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 廣嶋玲子・作 jyajya・絵 (偕成社刊)
監 督 : 中田秀夫
脚 本 : 吉田玲子
制作プロダクション : KADOKAWA
製 作 : 映画「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」製作委員会
配 給 : 東宝
公 開 : 2024年12月13日(金)
(C)2024 映画「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」製作委員会