2024年6月18日、任天堂株式会社の公式Xにて、「スーパーマリオ」の新たなアニメ映画の日本での公開日が2026年4月24日に決定し、『ミニオン』シリーズのイルミネーションと制作に取り組んでいることが明らかになった。

任天堂は6月18日23時より、Nintendo 公式YouTubeチャンネルにて「Nintendo Direct 2024.6.18」(通称「ニンダイ」)を放送。
2024年後半に発売を予定しているタイトルを中心に、Nintendo Switchソフトの情報を約40分にわたり発表していく。

6月18日、任天堂株式会社の公式Xのニンダイの告知投稿のなかで、任天堂のゲームプロデューサー・宮本茂氏は「今晩はNintendo Directの放送がありますが、その前にひとつお知らせをさせてください。」と前置きし、「スーパーマリオの新たなアニメ映画の日本での公開日が2026年4月24日に決まりました。楽しい映画になるように、イルミネーションのチームと一緒に取り組んでいますので、引き続き楽しみにしてください。」と発表した。

スーパーマリオの映画といえば、『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』が2023年4月28日に公開。『怪盗グルー』シリーズや『SING』のイルミネーションと任天堂が共同で制作、『ティーン・タイタンズGO!トゥ・ザ・ムービー』でタッグを組んだアーロン・ホーヴァスとマイケル・ジェレニックが監督を務め、脚本は『ミニオンズ フィーバー』、『レゴ・ムービー2』のマシュー・フォーゲルが執筆し、世界興行収入は1,361,683,297ドル、日本では140.2億円を記録した。

2026年4月24日に日本公開の新たな映画も『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』と同様、イルミネーションと任天堂の共同制作とのことで、期待が膨らむ。


「Nintendo Direct 2024.6.18」は6月18日23時より、Nintendo 公式YouTubeチャンネルにて配信。