HKT48地頭江音々、“ハロプロの聖地”に初上陸で「中野サンプラザだね」と大興奮!

HKT48地頭江音々、“ハロプロの聖地”に初上陸で「中野サン...の画像はこちら >>


 HKT48のメンバーが、それまで映像でしか見たことのなかったステージに大興奮していたようだ。


 大学対抗で女子大生アイドルコピーダンスの日本一を決めるコンテスト「UNIDOL 2021-22 Winter 決勝戦/敗者復活戦」が2月28日に東京・中野サンプラザで開催。北海道から九州まで全国から予選を勝ち抜いた14組のコピーダンスチームが、胸いっぱいのパフォーマンスを披露した。


 そんな女子大生の夢舞台を盛り立てたのが、スペシャルゲストとして登場したHKT48だ。このUNIDOL決勝戦では例年、豪華ゲストの出演が恒例となっており、今回は石橋颯今村麻莉愛運上弘菜神志那結衣堺萌香武田智加地頭江音々渕上舞松岡菜摘松岡はな宮﨑想乃本村碧唯の12名が全6曲のステージでイベントを彩ってくれた。


 しかも今回、松岡はながイベント全体のMCも担当。タレントの静恵一と共同でMCを務めた松岡は冒頭、緊張した面持ちで登場だ。星空を映し出したような深いブルーとキラキラした装飾のあるドレスはスカートが足首までを覆う長さで、そのゴージャスぶりは1月に22歳になったばかりの松岡の大人っぽさをさらに際立たせていた、


HKT48地頭江音々、“ハロプロの聖地”に初上陸で「中野サンプラザだね」と大興奮!
華やかなドレス姿で観る者を魅了した松岡はな。



 オープニングでは「この寒さを吹き飛ばすほどの熱い戦いになるでしょう!」と高らかに宣言。イベント中は終始「緊張しています」と口にしていたが、静との掛け合いでは会場を笑わせることで出演チームらの緊張を解きほぐす役割も果たしていた。