宮沢りえ=真帆が生きている「真犯人フラグ 劇場版」の制作を阻む要素とは?

宮沢りえ=真帆が生きている「真犯人フラグ 劇場版」の制作を阻...の画像はこちら >>


 3月13日に最終回を迎えたドラマ真犯人フラグ」(日本テレビ系)を巡り、映画化を望む声が少なからずあがっているようだ。


 昨年10月から2クールにわたって放送され、考察好きマニアを中心に日曜の夜が待ち遠しいとの声もあがっていた「真犯人フラグ」。多くの視聴者がその結末に納得するなか、同じくらい残念がる声もあるという。


「週刊誌編集長の河村俊夫(田中哲司)が母子失踪事件、正確には相良真帆(宮沢りえ)の失踪事件で真犯人だったことには《やっぱりそうだったか》《予想外だったが納得できた》との声が聞こえてきます。一方で、その河村が失踪当日に真帆を殺害していたことが最終回で示されたことにより、《真帆さん死んでたのかあ(涙)》《そうは思っていたけど…》といった声も続出。失踪した母子3人全員の無事を願っていた視聴者が、真帆の死というバッドエンドを受け入れがたいのも無理はないでしょう」(テレビ誌ライター)


宮沢りえ=真帆が生きている「真犯人フラグ 劇場版」の制作を阻む要素とは?
「真犯人フラグ」主要キャストのオフショット。唯一「あなたの番です」にも出演していた田中哲司(右上)が、本作では真犯人だった。ドラマ「真犯人フラグ」公式ツイッター(@shinfla_ntv)より。



 そこで浮上してきたのが、「劇場版」の制作に期待する声だ。本ドラマの前作にあたる2019年放送の「あなたの番です」(同)では、ヒロインの手塚菜奈(原田知世)が連続殺害犯の餌食となり、その犯人がサイコパスの女子大生・黒島沙和(西野七瀬)だったことにも不満の声が多数あがっていた。


 それでというわけでもないだろうが、昨年12月に公開された「あなたの番です 劇場版」では、ドラマ版とは内容や結末がまったく違うストーリーを用意。公開週にはランキング1位に輝くなど、成功を収めていた。