【カムカムエヴリバディ】ひなたの英語が上手すぎる問題!ハリウッド関係者も驚く語学力の源泉とは

【カムカムエヴリバディ】ひなたの英語が上手すぎる問題!ハリウッド関係者も驚く語学力の源泉とは
アニーと言葉の壁なく会話を交わしていたひなた。トップ画像ともに©NHK



 そういった単語力に加えて、不定冠詞「a」と定冠詞「the」の使い分けも着実なほか、現在完了「have been」と過去完了「had been」を使い分けるなど、日本人の英語学習者にとってハードルとなりがちな分野もしっかりとマスターしているようだ。


【例】※いずれも第104話


「軽食を用意しております」
Refreshment have been prepared.


「(かつての恋人に)10年ぶりに会ったんです」
I hadn't seen him in ten years.


 そんなひなたの英語力には第103話にて、アニーの甥であるジョージ(ハリー杉山)が「彼女は通訳さん?」と驚いていたほどだ。


 しかし、NHKではラジオ英会話のレベルを「B1」と規定しており、英検ではほぼ2級相当となる。このB1レベルをマスターすれば≪社会生活での身近な話題について理解し、自分の意思とその理由を簡単に説明できる≫そうだが、ひなたの英語力がそのレベルを上回っているのは明らかだ。これは一体どうしたことか。


「英語力の向上にはなによりも実践が必要。その点、条映太秦映画村に勤務するひなたは、日常的に外国人観光客に接する機会があり、普段から英語のヒアリングもスピーキングも鍛えられているのでしょう。それを象徴していたのが、3月23日放送の第100話でお化け屋敷を道案内した後に『Have a spooky time!』(気味悪がっていってくださいね)とおどけた場面。これはハロウィンでの決まり文句ですが、インターネットがまだ一般的ではない時代の日本人には知る機会の少ない言葉です。ひなたは会社でもパソコンではなくワープロ専用機で書類を作成していましたし、作中の2001年にはまだスマホもありませんから、彼女はネットからではなく外国人観光客との生の英会話を通じて、こういった生きた英語をどんどん吸収していったのではないでしょうか」(前出・ライター)


 まさに「習うより慣れよ」の精神だろうか。毎日のように外国人と接する機会に恵まれているひなたは、英語の上達に最も好都合な職場を選んでいたようだ。


【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

編集部おすすめ

当時の記事を読む

川栄李奈のプロフィールを見る
asageiMUSEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「川栄李奈」に関する記事

「川栄李奈」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「川栄李奈」の記事

次に読みたい「川栄李奈」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク