叶美香、ファビュラスな生活からは想像つかない旅上手テクとは!?

叶美香、ファビュラスな生活からは想像つかない旅上手テクとは!...の画像はこちら >>


 彼女が明かした旅のテクニックに、視聴者も驚いたに違いないだろう。


 4月6日放送の「上田と女が吠える夜 初回2時間SP」(日本テレビ系)には、自分の怒りをコントロールする“アンガーマネジメント”に長けたゲストとして5人の芸能人が登場。IKKO叶美香浜口京子原田愛みやぞんという、たしかに怒った場面を見たことがない人物ばかりだ。


 ここで司会の上田晋也から「この人カチンときた、と思ったことすらないですよね?」と訊かれた叶姉妹の妹・美香は、「怒るという概念がない」と返答。姉の恭子からは物事を宇宙単位で考えなさいとアドバイスされており、そうすれば「全てはプランクトンのように」小さいことだと思えるとの秘訣を明かしていた。


 そんな美香からは恭子にまつわるエピソードが続出。映像化が不可能だというアンガーコントロール術の一発目は「シャークアタックの件」だという。


「恭子はかつて、バハマかハワイ、もしくはグレードバリアリーフでホオジロザメを間近で見る『シャークアタック』をしてみたいと切望。美香がクルーザーのチャーターなどすべての準備を整えて現地に赴いたところ、恭子から『まずは美香さんがグッドルッキングガイと行ってちょうだい』と言われ、サメだらけの海に潜ったのだそうです。すると恭子は自分では潜らず、『疑似体験なのよ。美香さんがやったから私がやったのと同じ』という謎理論を繰り出していたのだとか」(テレビ誌ライター)