櫻坂46・原田葵、女子アナデビューで「斎藤ちはる方式」を採用か

櫻坂46・原田葵、女子アナデビューで「斎藤ちはる方式」を採用...の画像はこちら >>


 やはり前例を踏襲するのが確実なのかもしれない。


 櫻坂46原田葵の卒業がいよいよ近づいてきたようだ。昨年11月にフジテレビ女子アナに内定したことが報じられ、1月には4thシングル「五月雨よ」の活動をもって卒業することが正式に発表。そのシングルが4月6日に発売され、原田本人も4月11日付の公式ブログにて発売記念のオンラインミート&グリート(個別トーク会)が5月28日と29日、6月11日に開催されると明かし、「最後になるので是非来てください~」とのメッセージを送っている。


 また4月15日には、同じく「五月雨よ」の活動をもって卒業する櫻坂46渡邉理佐のメモリアルブック「抱きしめたくなる瞬間」(集英社、5月17日発売)の特典ポスター画像が公開。原田と一緒に写っている一枚も公開され、双方のファンから喜びの声があがっているようだ。


 櫻坂46のファンとしては、卒業コンサートなど最後に会える現場がいつになるのかが大きな関心事となっている原田。その一方でテレビ業界では、彼女の起用法に注目が集まっているという。


櫻坂46・原田葵、女子アナデビューで「斎藤ちはる方式」を採用か
渡邉理佐との可愛らしいツーショ画像が公開された原田葵。



「業界内では、テレビ朝日が実践した“斎藤ちはる方式”を、フジテレビが踏襲するのではと噂されています。元乃木坂46の斎藤は2018年7月16日にグループを卒業し、翌年4月1日の入社当日に『羽鳥慎一モーニングショー』に出演。朝8時スタートの情報番組とあって、入社式より前にアナウンサーとして初鳴きするという、前代未聞のデビューを飾りました」(業界関係者)