【ちむどんどん】川口春奈の入浴シーンに「そのお風呂には意味がある」と理解の声が続出!

【ちむどんどん】川口春奈の入浴シーンに「そのお風呂には意味が...の画像はこちら >>


 またもやNHKがやってくれた。三女の歌子に続き、長女の良子もこの日、入浴シーンを披露してくれたのだ。


 5月20日放送のNHK連続テレビ小説ちむどんどん」第30回では、比嘉良子(川口春奈)が自宅の風呂に入っているシーンからスタート。薪をくべているのは母親の優子(仲間由紀恵)で、二人は良子のもとに飛び込んできた縁談について会話を交わしていた。


 前々回には製糖工場の跡取り息子である喜納金吾(渡辺大知)が父親を伴い、ついに正式な縁談を持ちかけることに。以前から良子に対して熱烈に求愛していた金吾だが、今度ばかりは本気を見せてきた。


 金吾と結婚すれば比嘉家の重しとなっている借金問題が解決するのは確実。しかし良子は金吾に気がなく、同じ教員で勉強会仲間の石川博夫(山田裕貴)に想いを寄せている。だからこそ優子は金吾との縁談について「慌てることないからね。一生のことだからゆっくり考えて」との声を掛けていたのだった。


「このシーンに視聴者は《朝からサービスカットだ!》と騒然。しかも3日前の第27回では三女で高二の歌子(上白石萌歌)がやはり入浴シーンを見せていたので、《またもやってくれたな》との声もあがっていました。歌子の際には一部から、高校生の入浴シーンなど令和の時代にけしからんといった声もありましたが、NHK側は放送内容を変えることなく、そのまま良子の入浴シーンを放送した形です」(テレビ誌ライター)


 たしかに歌子の入浴シーンについては否定的な声があったのも事実。だがそれが視聴者の総意というわけでもないようだ。しかも今回の良子に関しては、ここで彼女がお風呂に入っていることには、ちゃんとした意味や必然性があるとの指摘も少なくないという。