朝日奈央、小坂大魔王の自宅ロケにファンが「時代は変わった!」と感嘆していた

朝日奈央、小坂大魔王の自宅ロケにファンが「時代は変わった!」...の画像はこちら >>


 そのバラエティ対応力に、スタジオの共演者は全員が感心していたようだ。


 5月19日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)では「超仲良しSP」と題して、芸能界の仲良しコンビ4組が登場。朝日奈央は意外にも、古坂大魔王との仲良しコンビとして出演した。


 二人が知り合ったのは13年前に、朝日が所属していたアイドルグループの「アイドリング!!!」が、古坂のネット番組「古坂大魔王のカツアゲ!」(AbemaTV)に出演したのがきっかけ。古坂は後輩芸人のバカリズムから「アイドリング!!!にすげえヤツがいる。朝日奈央っていうんだけど」と聞いていたという。


 そんな朝日は古坂が繰り出す下品な裏イジリにも完璧に対応。今と変わらぬそのバラエティ対応力に、古坂もすっかり魅入られていたようだ。


「番組では今回、朝日が初めて古坂の自宅を訪問。ピコ太郎の衣装を着させられて、自宅内のスタジオで『PPAP』をレコーディングするという流れになりました。この場面には朝日のファンも納得。仲良しという括りなら女優の松岡茉優やももいろクローバーZの百田夏菜子など高校の同級生がいるなか、自宅にさえ行ったこともない古坂と一緒だったのはこのロケを撮りたかったからに違いありません」(アイドル誌ライター)


朝日奈央、小坂大魔王の自宅ロケにファンが「時代は変わった!」と感嘆していた
ばっちりとピコ太郎を決めた姿にはバラエティ対応力の高さが表れている。朝日奈央公式ツイッター(@pop_step_asahi)より。



 全身を本物のピコ太郎衣装で決め、鼻ヒゲもきっちりと描いていた朝日。その本気度に加え、古坂はドッキリを用意していた。それは「PPAP」を録ると思わせておいて、実際にはアイドリング!!!の20thシングル「サマーライオン」を歌わせるというものだ。