【オールドルーキー】綾野剛も驚いた?9歳のスケーター佐竹晃のドラマ初演技に視聴者号泣!

【オールドルーキー】綾野剛も驚いた?9歳のスケーター佐竹晃の...の画像はこちら >>


 その回想シーンには、子を持つ親たちが号泣していたようだ。


 7月3日放送の日曜劇場オールドルーキー」(TBS系)第2話では、主人公で元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野剛)が、9歳のスケーターとの契約に挑む姿が描かれた。


 サッカーを引退した新町は前回、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に契約社員として入社することに。年下だが先輩の深沢塔子(芳根京子)とバディと組むこととなり、今回はスケートボードの全国ジュニア大会に9歳で優勝した牧村ひかりとの契約を勝ち取るよう、社長の高柳雅史(反町隆史)から厳命されたのだった。


 新町と深沢は、ひかりが練習しているスケートボードパークを訪問し、ひかりが次々とトリックを決める姿を目撃。視聴者も最初は吹き替えだと思ったかもしれないが、その滑走シーンはなんと、ひかり役の子役が自分自身で滑っていたのである。


「それもそのはず。ひかり役を演じた佐竹晃は、キッズクラスの大会で優勝経験を持つ正真正銘本物のスケーターだったのです。本作ではスケートボードのシーンに説得力を持たせるため、子役にスケボーを教えるのではなく、本物のスケーターに演技指導するという逆転の発想に挑戦。佐竹は9歳にしてドラマデビューを日曜劇場という大舞台で飾ることになりました」(テレビ誌ライター)


 そんな制作側の狙いはどうやら、ずばり当たっていたようだ。佐竹の演技ではセリフ回しにまだ不慣れな面はあったものの、笑顔はごく自然で、仲間同士で称え合うスケートボードの文化が演技に寄与していたのかもしれない。