峯岸みなみが卒業コンサートで克服した「前田敦子にセンターを奪われた日」

峯岸みなみが卒業コンサートで克服した「前田敦子にセンターを奪われた日」

峯岸みなみが卒業コンサートで克服した「前田敦子にセンターを奪...の画像はこちら >>


 こんなに幸せな卒コンが観られるとは! 5月22日に横浜のぴあアリーナMMで開催された「峯岸みなみ卒業コンサート ~桜の咲かない春はない~」にて、AKB48に残っていた“最後の1期生”である峯岸みなみが グループ卒業を果たした。


 この日は本編とアンコールの計33曲すべてに峯岸が出演し、まさに「みぃちゃん無双」の構成となっていた。それでいて卒コンながらソロ歌唱を見せたのはノースリーブス時のソロ曲「私は私」ただ1曲のみ。そのセットリストには、卒コンを前に「AKBの中間管理職としての最後で最大のお仕事」と語るなど、1期生と後輩たちを繋ぐという役割を自認していた峯岸らしさが全開になっていた。


「中盤以降では『上からマリコ』で篠田麻里子が、『ヘビーローテーション』で大島優子がセンターを務めるなど、主役の峯岸があえて脇を固めるポジションに回る場面もありました。それはAKB48の人気曲を、そのままの形でファンに届けたいという峯岸の想いが伝わった場面だったように感じました」(アイドル誌ライター)


峯岸みなみが卒業コンサートで克服した「前田敦子にセンターを奪われた日」
卒業コンサートでファンに手を振る峯岸みなみ。©AKB48



 その峯岸が前半でセンターを譲っていたのが、劇場公演曲の「渚のCHERRY」。2番目の劇場公演であるチームA 2nd Stage「会いたかった」内の1曲で、AKB48として初めてセンターを明確に定めた曲として知られている。このパフォーマンスに、峯岸の強い気持ちが込められていたというのである。


「同曲では峯岸、大家志津香宮崎美穂の3人が登場。峯岸がセンターで歌い出すも、背後から2015年加入の千葉恵里が飛び出してきて、峯岸を払い飛ばすようにしてセンターに収まったのです。峯岸は一瞬、混乱したような表情を見せるも、すぐに落ち着いて千葉のバックダンサー役に徹することに。この場面に初期のAKB48を知るファンは感動を覚えていたことでしょう」(現地取材した女子大生ライター)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

峯岸みなみのプロフィールを見る
asageiMUSEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「峯岸みなみ」に関する記事

「峯岸みなみ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「峯岸みなみ」の記事

次に読みたい「峯岸みなみ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク