韓国オーディション「ガルプラ」で博多華丸次女の岡崎百々子が日本人1位に!

韓国オーディション「ガルプラ」で博多華丸次女の岡崎百々子が日...の画像はこちら >>


 韓国で開催されている大型オーディションの「Girls Planet 999:少女祭典」(以下ガルプラ)にて、ファン驚きの途中経過が発表された。博多華丸の次女としても知られる候補者の岡崎百々子が、8月23日に締め切られた投票にて他の有力候補を押さえて、日本人グループの1位となったもの。


 グローバルガールズグループデビュープロジェクトの「ガルプラ」では、日本・韓国・中国から33人ずつ計99人が参加。それぞれJグループ、Kグループ、Cグループと呼ばれる各地域から一人ずつ、計3人で構成された「CELL」同士が競い、生き残りを争う形となっている。


 そのCELLへの投票とは別に、候補者個人を対象とした個人投票も同時に進行。その個人投票にて今回、岡崎が590万ポイントあまりを積みあげて見事1位の座をゲットした。しかもこの数字はKグループやCグループの1位も上回る、全体での1位となったのである。


「Jグループでは元JYP練習生の坂本舞白や、エイベックスアカデミー出身の江崎ひかるらが有力候補。江崎は前回の投票で全体の1位に輝いていましたが、今回は岡崎の後塵を拝する形となりました。3月に18歳となった岡崎はガルプラで最初の課題曲『O.O.O』の投票では18位と出遅れており、日本での知名度はさほど役に立たないかと思われていましたが、一気に逆転を果たしたことで今後の展開がさらに面白くなってきそうです」(芸能ライター)