小芝風花、恋の別れ道に視聴者が「行け!」「行くな!」の大論争!

小芝風花、恋の別れ道に視聴者が「行け!」「行くな!」の大論争!

小芝風花、恋の別れ道に視聴者が「行け!」「行くな!」の大論争...の画像はこちら >>


 その場面に視聴者からは≪行け!≫≪行くな!≫という真反対の声が続出していたようだ。


 女優小芝風花がヒロインの佐藤愛を演じるドラマ彼女はキレイだった」(フジテレビ系)では、8月24日放送の第7話にてついに愛の恋心がひとつ成就することとなった。だがその場面は別れの瞬間でもあったという。


 本作では幼馴染だった宗介(中島健人)と14年ぶりに再会するも、おでぶちゃんだった小学生の宗介がイケメン編集者に成長していたのに対し、スーパー美少女だった自分はダサ女子になってしまっていた愛。恥ずかしさから自分の正体を隠し、ファッション誌編集部の上司と部下として接していたが、第7話ではついに宗介が愛の正体に気づくこととなった。


「愛がかつての同級生だとは気づかぬまま、だんだんと愛に惹かれていく宗介。一方で先輩編集者の樋口(赤楚衛二)も愛の魅力に惹かれており、愛と宗介の関係を知ってからも《俺にもチャンスをくれ》と求愛を迫っていました。第7話の終盤では、ホテル火災に巻き込まれた時に樋口が駆けつけてくれていたことを知り、その優しさにほだされた愛。樋口が愛を抱きしめたその瞬間、宗介から電話が掛かってきたのです」(女性誌ライター)


小芝風花、恋の別れ道に視聴者が「行け!」「行くな!」の大論争!
後輩の愛に惚れてしまった樋口。小芝風花公式インスタグラム(@fuka_koshiba_official)より。



 ついに愛の正体に気づき、14年越しの「会いたい」という気持ちを吐露した宗介。その会話を目の前で聞かされ、愛に「行くな」と懇願する樋口。彼らの恋模様に心奪われていた視聴者は、この場面で二つの意見に分かれたというのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

風花のプロフィールを見る
asageiMUSEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「風花」に関する記事

「風花」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「風花」の記事

次に読みたい「風花」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク