元フジテレビ木佐彩子が「テレ朝かTBSが良かった」と語ったまさかの理由!

元フジテレビ木佐彩子が「テレ朝かTBSが良かった」と語ったま...の画像はこちら >>


 かつてフジテレビで人気を博した女子アナが、今なら別の局に入りたかったと告白。その理由がなんとも斜め上だったようだ。


 1月27日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)では「女性アナウンサーSP」と銘打って、民放キー局5局から7人の元局アナが大集合。ここで元フジテレビ木佐彩子から驚きの発言が飛び出したという。


 番組では各出演者に「もし今、学生ならどの局を志望する?」と質問。ここで自局を希望したのは元日本テレビ馬場典子上田まりえ、元フジテレビ中村仁美、そして元テレビ東京秋元玲奈の4人だった。それに対して元TBS吉田明世はフジテレビを、元テレビ朝日竹内由恵は日本テレビを、そして木佐はテレビ朝日を志望すると答えたのである。


「木佐と言えば、フジテレビのキャッチフレーズ『楽しくなければテレビじゃない』を体現したような女子アナとして人気を博したもの。そんな彼女が他局を挙げたことに、他の女子アナたちは《木佐さん!?》と驚いていました。当の木佐はその理由として、フジテレビ時代に給料の3分の2がタクシー代に消えていたと告白。フジテレビが“陸の孤島”的な東京・お台場にあり、飲みに行くのが六本木・西麻布エリアだったことから、まさに六本木に所在するテレビ朝日が良かったと明かしていたのです」(女子アナウォッチャー)


 そんな木佐は「テレ朝か、TBSでもいいかなと思って」と、六本木に隣接する赤坂に建つTBSの名も挙げることに。これにはMCのダウンタウン松本人志も「その理由もどうかなぁ、そういうことじゃないんやけどな」と苦言を呈していた。