パナソニックが再びアイリスオーヤマを抜く、BCNランキング上半期No.1

パナソニックが再びアイリスオーヤマを抜く、BCNランキング上半期No.1
LED電球・蛍光灯部門で上半期の販売台数シェアトップに返り咲いたパナソニック
 全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」のLED電球・蛍光灯部門で、2019年1月1日~6月30日の販売台数シェアでNo.1を獲得したのは、パナソニックだった。18年1月1日~12月31日の年間販売台数No.1を称える「BCN AWARD 2019」で同部門トップだったアイリスオーヤマを抜いた。

 パナソニックにとって、アイリスオーヤマは因縁のライバルになりそうだ。LED電球・蛍光灯部門は、「BCN AWARD 2014」に初めて創設されてからパナソニックの独壇場だった。しかし昨年、初めてアイリスオーヤマが年間トップの座を射止め、パナソニックを脅かす存在として急浮上した。しかも、わずか0.9ポイントという僅差でパナソニックが辛酸をなめた形だった。
 そのパナソニックが、19年上半期で31.7%でトップに返り咲いた。アイリスオーヤマは30.3%だった。
 上半期におけるパナソニックの売れ筋トップ3は、13年発売の装飾照明タイプ「LDT1LGE12」と17年発売のLED電球プレミア「LDA7LGZ60ESW2」、同じく17年発売のLED電球「LDA7DHEW2」の順でランクインした。販売シェア30%前後で拮抗している両社の戦いから目が離せない。(BCN・細田 立圭志)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などのPOSデータを毎日収集・集計しているデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

【関連記事】
アイリスオーヤマ、首位奪還なるか 19年上半期のLED電球シェア争い
ついにアイリスオーヤマがパナソニックを抜く、LED電球の年間シェア争い
2018年にもっとも売れたLED電球はこれだ!
アイ・オー・データが米LIFXとサポート業務委託契約、LEDスマートライトを本格展開
ビックカメラ、照明のLED化普及イベントに小池知事らが登場

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月3日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。