東急プラザ渋谷になぜ“補聴器専門店”? 業界に一石投じる試みに注目

東急プラザ渋谷になぜ“補聴器専門店”? 業界に一石投じる試みに注目
補聴器専門店のイメージ刷新を目指した「東京ヒアリングケアセンター 東急プラザ渋谷店」
       
 100年に1度といわれる大規模な再開発が進む渋谷。12月5日には、旧東急プラザ跡地に名称をそのままに新生「東急プラザ渋谷」がオープンした。ターゲットは、街を象徴する若者ではなく、あえて“成熟した大人”に設定。フロアやテナントもテーマに沿って構成されている。

●補聴器業界の根深い問題 変革のために一肌脱ぐ
 4階フロアの一角に出店している「東京ヒアリングケアセンター 東急プラザ渋谷店」は、まさにこうした東急プラザ渋谷のコンセプトを象徴する店舗だ。ここで販売されているのは、補聴器。ミドル・シニア世代に的を絞って、新たなアプローチを試みている。
 聞こえに対する補助、という役割は認知されている補聴器だが、日本における装用率は高くない。世界基準と照らし合わせると、先進国の中では最低レベルだ。要因はさまざまにあるが、「補聴器を装用するのは恥ずかしい」「どんなものかよく理解できていない」と考えている人は多いようだ。
 購入する専門店のハードルが高いということもある。一般的に目立たない場所にクローズな雰囲気で出店されているというイメージが強く、気軽に立ち寄れない場所と思われがちだ。最近では、難聴が認知症の要因になっているという研究成果も報告されており、補聴器の普及が社会課題になっているが、解決のための下地はなかなか整っていないのが実情だ。
 東京ヒアリングケアセンターの菅野利雄社長は、「専門店のイメージ刷新は業界の中で長く問題視されているが、なかなか改善に向けた動きがみられない」と危機感を募らせる。現在、同店舗は東京の青山と品川大井町に2店舗を展開。渋谷の商業施設への出店はかなりチャレンジングだったというが、業界を変えるためという思いから決断した。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。